2017年 07月 27日
草原周辺の五目撮り
7月21日
ウラキンシジミの不調を払拭しようと次に向かったのは、カラスシジミの生息地でした。
ところがこちらも全く期待外れ・・・生息すら確認できませんでした。

仕方なくもう一つの狙いのヘリグロチャバネセセリを探します。
やっとヒメジョオンで吸蜜する♀を見つけましたが・・・・
個体数は意外と少なく感じました。
e0224357_21564685.jpg
♂はなかなか見つかりませんが、♀はどれも新鮮でした。
e0224357_21573392.jpg
まずまずの鮮度の♂だと思ったらコキマダラセセリでした。
大きさが一回り大きいのでおかしいと思いました。
e0224357_21590221.jpg
こちらはヘリグロの♀ですね。
♀は大抵新鮮でした。
e0224357_22012966.jpg
2頭並びも・・・
e0224357_22050198.jpg
草に潜り込むように飛ぶ・・・産卵モードの個体も見られました。
e0224357_22024367.jpg
草の生い茂る中なのである程度の草被りは仕方ありません。
e0224357_22031253.jpg
基本的に敏感ですが・・・広角でもなんとか撮影できました。
こちらは縁毛が擦れた♂です。(アップには耐えられません)
e0224357_21561534.jpg
この付近ではスジボソヤマキチョウだけは多く見られました。
e0224357_22075638.jpg
e0224357_22081469.jpg
道路沿いでは特定外来種であるオオキンケイギクでも・・・
e0224357_22091845.jpg
イケマに吸蜜するミヤマカラスアゲハは翅表が撮れず・・・
角度が悪すぎですね。
すぐに飛んで行ってしまいました。
e0224357_22102273.jpg
オカトラノオではミドリヒョウモンだけが吸蜜していました。
e0224357_22114119.jpg
e0224357_22153402.jpg
密かに楽しみにしていたルリボシカミキリは今年も同じ場所にいました。
e0224357_22165732.jpg



午後まで粘ってみましたがヘリチャは発生が早いようで新鮮な♂は見られませんでした。
次週はスジチャを狙ってみたいと思います。




-


by konty33 | 2017-07-27 21:07 | セセリ類 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://konty33.exblog.jp/tb/25942296
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 新鮮なキマダラモドキとの出会い      ウラキン不調に終わる >>