2017年 07月 26日
ウラキン不調に終わる
7月21日
先週末は何処へも出かけられなかったので少々ストレスが溜まり気味・・・
おまけに行った先のゼフの発生は極めて少なく撮影を諦めざるを得ない様子・・・
日中は飛び回り撮影しにくいヒメシロチョウからのスタートとなりました。
e0224357_21115299.jpg
このチョウは逆光で撮影するのがお気に入りです。
草露が輝いて綺麗ですが、個体数が異常に少なくもう気に入った構図では撮れませんでした。
e0224357_21134283.jpg
これだけは撮りたいと狙っていたウラキンシジミはトネリコをペシペシしてみますが・・・
今年はこちらも個体数が極端に少なく・・・
まぐれで一頭が降りただけ・・・・
暗がりでブレブレの証拠写真が1カットのみで逃げられました。
e0224357_21172921.jpg
ウラキンの代わりに例年より個体数が多かったのはハンノキで発生するミドリシジミでした。
e0224357_21320532.jpg
飛ぶと全てがミドリシジミで、♀は下草にも時々降りてきます。
e0224357_21332453.jpg
魔法のライトを当ててみると・・・開翅しました。(ヒャー!!驚いた)
e0224357_21405581.jpg
クルミからはオナガシジミが飛び出しました。
e0224357_21350524.jpg
e0224357_21355804.jpg
カラスシジミを期待したヒメジョオンでは、新鮮なトラフシジミだけが吸蜜し・・・
e0224357_21370136.jpg
広場の周囲ではメスグロヒョウモンしか見られません。
e0224357_21375293.jpg


アイノ、エゾ、ウスイロ、メスアカなどは発生情報から厳しいと思っていましたが
狙っていたウラキンシジミすら全く期待外れだったので五目狙いになりました。
昨年までは個体数も多く確実に撮影できたのにどうしたのでしょうか。
大きな環境の変化もない様ですが、来年以降が心配されます。




-


by konty33 | 2017-07-26 20:17 | シジミ類 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://konty33.exblog.jp/tb/25940063
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 草原周辺の五目撮り      メスアカのテリ張といつもの幼虫確認 >>