2017年 06月 28日
クロミドリシジミの開翅ほか
6月24日
早朝からクロミドリシジミの開翅を狙ってクヌギ林へ出かけました。
下草には水滴が少なく・・・薄曇りで・・・この種の撮影にはちょうど良い天気でした。
クヌギを軽くペシペシすると・・・・すぐに♂が飛び出し草地に降りてきました。
e0224357_22183101.jpg
暫くすると草の上に登り・・・・・
e0224357_22192098.jpg
また、暫くすると開翅してくれました。
e0224357_22201472.jpg
別の個体もすぐに降りて来て・・・暫くすると・・・・開翅しました。
上の写真の様に薄日がさしている状態と・・・下のように薄日もささない状態では色合いが変わります。
e0224357_22232181.jpg
小飛びして近くでまた開翅したので・・・・広角でも撮ってみました。
e0224357_22211560.jpg
♀も降りてきました。
e0224357_22241590.jpg
そして開翅・・・・残念ながらこちらは左前翅の先が羽化不全のようです。
e0224357_22254132.jpg
その後各種のゼフを撮影した後・・・・陽が高くなっても撮影機会がありました。
e0224357_22270627.jpg
この日は♂が圧倒的に多く、♀はこれからの様子でした。
e0224357_22291457.jpg
この日一番多かったのは、ウラナミアカシジミでした。
e0224357_21114438.jpg
ほとんどが新鮮で、今年は何処でも良く見ます。
e0224357_21124922.jpg
もう1カット載せておきます。
e0224357_21135383.jpg
同じくらい多かったのはミズイロオナガシジミでした。
e0224357_21155380.jpg
黒帯の太さが個体により多少変わります。
e0224357_21174162.jpg
最も多く見られたのが下の写真の太さでしょうか。
e0224357_21192488.jpg
黒帯の直線性にも個性があります。
e0224357_21205220.jpg




この日一番の狙いだった新鮮なクロミドリ♂の開翅が撮影できました。
ウラナミアカやミズイロオナガも新鮮で個体数もまずまずでした。
やはりこの時期の早朝はゼフの撮影が楽しいですね。

ご一緒いただいた皆さんありがとうございました。



-


by konty33 | 2017-06-28 22:05 | シジミ類 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://konty33.exblog.jp/tb/25879289
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by cactuss at 2017-06-29 06:32
ご一緒させて頂き、ありがとうございました。
クロミの開翅が簡単に撮影できて、本当に良かったです。
開翅の広角写真はいい感じですね。
Commented by 22wn3288 at 2017-06-29 08:28
クロミドリシジミの開翅 綺麗ですね。
光の具合で色合いが変わりますね。
変化を見せて頂き有難うございます。
Commented by konty33 at 2017-06-29 21:51
cactussさん 
久しぶりにお会いできて楽しかったです。
開翅もそうですが、個体数も多くて良かったと思います。
広角まで撮れるとは思いませんでした。
次の日の驚きは何だったんでしょう。気になりますね。
Commented by konty33 at 2017-06-29 21:56
22wn3288さん
緑色に輝くわけでもないのに、何が魅力なのか分かりませんが
殆ど傷の無いクロミ♂の開翅は綺麗で良かったです。
本当はミズイロオナガの開翅も期待していたのですが・・・
そうそう上手くは行きませんね。


<< 輝くゼフには会えず      各種の幼虫の観察 >>