2017年 06月 27日
各種の幼虫の観察
6月上旬
成虫撮影の合間には幼虫探しも楽しんでいます。
まずは、ヤマキチョウですが・・・・卵と若齢幼虫が見つかりました。
ここでは成虫しか見たことがなかったので新たな発見です。
e0224357_21414278.jpg
クロツバラの食痕のある葉脈に沿ってまっすぐになっています。
e0224357_21431441.jpg
卵は新芽の葉裏の葉脈に産んであることが多い様ですが、
幼虫は新芽より1枚元側に移動して食べているんですね。
e0224357_21454537.jpg
e0224357_21462666.jpg
場所を少し変えると同じクロツバラにミヤマカラスシジミの幼虫がいます。
e0224357_21521639.jpg
こちらは葉裏や葉柄などにいることが多い様です。
e0224357_21524002.jpg
次に探したのはミドリシジミでした。
先日平野部で成虫を撮影しましたが、信州ではまだ幼虫なんですね。
ハンノキの餃子のように綴った葉の中にいます。
e0224357_21483337.jpg
スゲのある湿原ではオオヒカゲの幼虫を見つけることが出来ます。
e0224357_21550701.jpg
ユキヤナギからはホシミスジの幼虫が沢山見つかりました。
e0224357_22031490.jpg
地元のクロコノマチョウの幼虫はだいぶ大きくなっていました。
e0224357_22035554.jpg
数はだいぶ減っていましたが、蛹は見つかりませんでした。
e0224357_22045775.jpg



今年も例年見つけることが出来る幼虫だけで進展がありません。
徐々に種類を増やしていきたいと思うのですが・・・




-


by konty33 | 2017-06-27 12:12 | 幼虫 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://konty33.exblog.jp/tb/25875973
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< クロミドリシジミの開翅ほか      狙いのミヤマカラス集団・・・みられず >>