2017年 05月 22日
クロコノマチョウで気を紛らわす
5月14日
クモマツマキチョウの探索に出掛けましたが・・・・撃沈しました。
天気もまずまずでハタザオも咲いていてシチュエーションは完璧に思えましたが・・・・
一日中歩き回って・・・万歩計の値は3.6万歩・・・これでは単なる修行じゃないですか。

成果は・・・・ミヤマタチツボスミレの写真だけ?
e0224357_20342732.jpg
いやいやフデリンドウも・・・・って、そう言うことじゃなくて・・・・
e0224357_20395859.jpg
他にもいろいろな花の写真は撮れましたが、狙いのチョウはかすりもしませんでした。

5月中旬
代りのネタとしてクロコノマチョウを自宅近くで観察できたので紹介します。
側溝沿いで草をタッチしながら飛ぶ産卵モードの越冬後の母蝶を見つけました。
その内に垂れ下がるススキの葉裏にぶら下がって・・・産卵が始まりました。
e0224357_21564353.jpg
お尻を曲げて次々と産卵しているようですが、どんなにアップにしても卵は見えません。
葉の表からの光で葉の緑に白い卵が同化してしまっているようです。
この写真の直後に飛び去りましたが、間違いなく卵が産みつけられていました。
e0224357_22000568.jpg
8卵ありました。アップにしても表面がツルツルの綺麗な卵に見えます。
e0224357_22012202.jpg
同じように垂れ下る近くのススキを片っ端から見ていくと・・・
綺麗に整列した14卵の卵塊が見つかりました。
e0224357_22030379.jpg
違う葉からは小さな幼虫も見つかりました。
e0224357_22051287.jpg
以前は自宅前の側溝に生えるジュズダマでも見られましたが、
最近は見ていなかったので嬉しい発見でした。

自宅の草地のスイバからベニシジミの卵を見つけたので時々観察していましたが・・・
ついこの前は5mmにも満たなかった幼虫がいつの間にか終齢幼虫になっていました。
e0224357_22260240.jpg
自宅でベニシジミの成虫をあまり見なかったので少し驚きです。
e0224357_22263519.jpg
過去を振り返ると・・・5/2には3mmほど・・・
e0224357_22575617.jpg
5/12にはだいぶ大きくなって8~10mmほどでした。
葉の裏側から表皮を残して食べていきます。

e0224357_22591236.jpg

その内に蛹になると思いますが、見つけられるか自信はありません。
春先の幼虫は赤っぽい幼虫が見つかりますが・・・・
この時期は葉が緑のためか全身緑ですね。


クモマツマキチョウのリベンジはいつかしてみせます。(涙)




-





by konty33 | 2017-05-22 22:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://konty33.exblog.jp/tb/25792651
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 今頃になって今年2回目のギフチョウ      ミヤマカラスアゲハとカラスアゲ... >>