2017年 04月 28日
狙いのチョウは見られず・・・卵観察に終わる
4月22日、23日
今年は発生時期がやや遅れているのか狙いの場所ではミヤマチャバネやスギタニに出会えません。

探索途中に野原で見かけたのはベニシジミの産卵です。
産卵位置が雑草の中に生えるスイバの根元付近なので上手く写せませんが、これが産卵シーンです。
e0224357_20031784.jpg
卵は根元付近のいろいろな場所に産み付けられています。
一番多く見つかったのは・・・花穂の茎の根元付近です。
e0224357_20274956.jpg
e0224357_20063093.jpg
アップで見ると独特の形状がわかります。
e0224357_20071878.jpg
枯葉からも見つかりましたし、小さな葉っぱからも見つかります。
e0224357_20084645.jpg
ここでは春一番に発生したベニシジミが一斉に産卵する時期のようでした。
産卵後には吸蜜していました。
e0224357_20154650.jpg
次に見つけたのはツマキチョウの産卵です。
暫くタネツケバナの周りを飛び回り時々産卵していました。
e0224357_20173148.jpg
こちらも卵をアップで撮影すればよかったのですが・・・・忘れておりました。
e0224357_20182572.jpg
次に見つけたのはハルニレに産み付けられたシータテハとみられる卵です。
e0224357_20304981.jpg
緑に輝く宝石のようでした。(7DⅡ+100mmマクロのトリミング)
e0224357_20313400.jpg
序ですが・・・・2月に見つけたトネリコの幹に産まれたウラキンシジミの卵です。
まだ孵化していません。
e0224357_20334866.jpg


今年になって計画通りに成果が出た日は殆どありません。
それでも何かしらのチョウの生態を観察することが出来ているので幸せです。
明日から始まるGWも所用が多く例年のような遠征は厳しい状況なので・・・
今年は近場を中心に楽しみたいと思います。




-



by konty33 | 2017-04-28 21:54 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://konty33.exblog.jp/tb/25732006
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< やっと出会えたミヤマチャバネセセリ      ヒメギフチョウとの出会い >>