「ほっ」と。キャンペーン
2017年 02月 06日
立春、汗をかきながら越冬卵探し
2月4日

暦の上でも立春ですから、これから少しずつ暖かくなる気配ですね。
自宅を出発した日の出前は氷点下でしたが、日中は汗ばむ陽気になりました。
今年は地元で殆ど見つからなかったので記事にもしなかったウラキンシジミの越冬卵を別の場所で探してみました。
現地について1本目のトネリコで・・・樹皮の裂けめを探すといきなり4卵見つかりました。
e0224357_21581399.jpg
かなりの高確率で卵が見つかりますが、1卵だけのことが多い様です。
e0224357_22012066.jpg
いづれも樹皮の裂けめで横向きに産み付けられていることも・・・・
e0224357_22014499.jpg
時にはツルツルの樹皮の小さな凹凸にも・・・・
e0224357_22051721.jpg
下の写真のような凹凸部分で・・・腰より下の高さで・・・直射日光が当たりにくい場所がポイントです。
赤矢印の部分から卵が見つかりました。
e0224357_22061604.jpg
こんな凹凸部からは卵塊も沢山見つかります。
e0224357_22103691.jpg
裂け目から見える卵は綺麗に一列に並んでいますが、寄生蜂にやられていました。
e0224357_22110434.jpg
根元付近の苔の中からも見つかります。
e0224357_22121202.jpg
もっと大きな卵塊もありました。
e0224357_22124883.jpg
暗いところなので、懐中電灯で照らしながら出ないと見落としが多くなります。
撮影用のライトとしてもLEDの懐中電灯が役立ちました。
e0224357_22131830.jpg
TG3では限界なので、GX7(スタッキング法)でもう少し拡大してみました。
深度合成が上手くいかず卵の輪郭のにじみが気になりますが・・・
e0224357_22171275.jpg
一見、2卵だと思ってよく見るとその奥にも卵が・・・・
e0224357_22194477.jpg
この卵塊も奥の方にいくつか卵が隠れていそうです。
e0224357_22230889.jpg
この卵塊は引いてみるとこんな感じのところにあり、最初は2卵だけに見えました。
e0224357_22271984.jpg
こんな感じでここのウラキンの卵は多く感じました。

次に向かった場所ではマンサクでウラクロシジミの越冬卵を探してみました。
e0224357_22305901.jpg
独特の冬芽の基部に通常は1卵ずつ産みつけられます。
時々複数卵も見つかります。
e0224357_22321481.jpg
何カ所かで探しましたが、あまり多くはないようです。
これも拡大しておきました。
e0224357_22332025.jpg
この後、アカシジミとウラナミアカシジミを狙いましたが、こちらは見つけられず・・・・
今年は今一つ運にも見放されているようです。(実力なんですが・・・・)



立春と言ってもまだまだ寒い日が続きます。
もう暫くはゼフの越冬卵探しが楽しめそうです。



-



[PR]

by konty33 | 2017-02-06 22:36 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://konty33.exblog.jp/tb/25301294
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 近所の公園でベニシジミの幼虫探し      久しぶりのプチ遠征 >>