「ほっ」と。キャンペーン
2016年 12月 19日
各種の幼虫や卵の観察
12月18日
週末も色々と用事があり・・・あまりフィールドへは出かけられません。
この日も遠出する時間もなく・・・・遅めの出発で地元の様子を見て回りました。
まずは、スイカズラを食すイチモンジチョウの越冬幼虫を探してみました。

忍冬(ニンドウ)の別名のとおりこちらでは冬でも青々と葉が茂っていますが・・・・・
こんな感じの枯れた葉を探すと小さな幼虫が見つかります。
e0224357_21120060.jpg
矢印の部分に幼虫がいますが・・・・とても小さくて分かりにくいのでアップにしてみましょう。
e0224357_21131657.jpg
すぐ近くにももう一つ・・・・
e0224357_21142938.jpg
少しだけ丸まった枯葉を開いて見易くしています。
大きさは5mmくらいでしょうか。色も枯葉と同系色で分かりにくいですね。



次に探した幼虫はゴマダラチョウでした。
こちらも地元の公園ですが、ここでは初めて探しました。
e0224357_21193742.jpg
エノキの根元の枯葉をひっくり返すと見つかります。
e0224357_21203804.jpg
次はこの時期でも産卵を続けているウラナミシジミですが、幼虫は見当たらず・・・・
卵だけが山の様に産んでありました。(TG-3深度合成)
e0224357_21221607.jpg
上の写真は公園の花壇に植えられたクロタラリアというインド原産の花穂の先端部分ですが・・・・
花の蕾、豆のさや、茎・・・・そこら中で卵がみつかります。
e0224357_21324582.jpg
この時期でも産卵しているのには驚きですが、風が強く撮影できず逃げられました。
9月に別の場所でクロタラリアの豆のさやに産卵したものを掲載しておきます。
e0224357_21384191.jpg


次にヤナギの幹にいるはずのコムラサキの幼虫を探してみましたが・・・
この日は見つからずに時間切れです。
次回、チャンスがあれば再チャレンジしたいと思います。






[PR]

by konty33 | 2016-12-19 21:45 | 幼虫 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://konty33.exblog.jp/tb/25074169
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< ムラサキツバメ開翅とムラサキシ...      初冬のヤクルリの様子 >>