「ほっ」と。キャンペーン
2016年 12月 15日
初冬のヤクルリの様子
12月4日 続き
ムラサキツバメの越冬幼虫を確認した後は・・・・
ヤクシマルリシジミのその後の様子を確認に行きました。
すると・・・比較的新鮮な♀が飛んでいました。
e0224357_17452267.jpg
縁毛まで綺麗に揃っていて静止すると必ず開翅します。
e0224357_17471776.jpg
下草に止ってはくれますが・・・意外と敏感でした。
e0224357_17483838.jpg
e0224357_17534942.jpg
その内にイバラに絡むように飛び始め、草の奥の新芽に産卵しました。
e0224357_17502748.jpg
1卵産卵するたびに近くの葉の上で休みます。
e0224357_17523831.jpg
産卵しているのですから当然ですが・・・卵は相変わらずあちこちで見られました。
こんな開いた葉の表にも産卵してあります。
e0224357_20541571.jpg
TG3で拡大撮影・・・・
e0224357_20544687.jpg
前回も沢山産みつけられていた卵は幼虫になっているはずでしたが・・・・あまり見られません。
e0224357_17543544.jpg
葉が食べられた付近の軸に静止していました。
e0224357_20560921.jpg
小さな幼虫も葉裏に居ました。
e0224357_21001374.jpg
ボロボロの♀もいて産卵しては開翅していました。
e0224357_20590422.jpg
別の場所ではウバメガシから卵が見つかりました。
e0224357_21032149.jpg
GX7のスタッキングシステムでも撮影しました。
e0224357_21050473.jpg
e0224357_21051404.jpg
拡大すると卵表面の造形だけでなく葉脈や茎の毛までよく見えますね。



こんな時期なのにアサギマダラがまだ飛んでいました。
e0224357_21070837.jpg





朝晩はかなり気温が低下してきましたが、まだヤクルリは飛んでいました。
卵や幼虫もいたのでもう少し継続観察が必要なようです。





-

[PR]

by konty33 | 2016-12-15 22:49 | シジミ類 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://konty33.exblog.jp/tb/25061786
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 22wn3288 at 2016-12-16 10:09
ヤクルリ♀は綺麗な個体が居ましたね。
卵や幼虫も健在のようですが、これからの寒さにはどうでしょうか。どの形で越冬するのでしょうか。
Commented by konty33 at 2016-12-16 23:22
22wn3288さん 
前回は成虫の姿が見られませんでしたが
今回は比較的新鮮な1頭が遊んでくれました。
暖地ではどの変態でも冬を越せるようですが
これから益々気温が下がりますからこの辺りでは
生き残れるのか心配になりますね。


<< 各種の幼虫や卵の観察      地元のムラサキツバメ集団越冬 >>