2016年 08月 24日
ホソオチョウの卵、幼虫、成虫観察
8月19日 続き
ミヤマチャバネセセリに予想以上に苦戦し、時間が無くなってしまったので・・・・
最近見ていないホソオチョウを近くで探すことにしました。
外来種なのであまり思い入れはありませんが、恐らく5年ぶりの出会いになります。
e0224357_22321824.jpg
たった1頭だけ♂が飛んでいたので・・・・静止するのを待って・・・・土手の下から青空を入れてみました。
横からも1カット・・・・・
e0224357_22343473.jpg
近くを歩きましたが、飛び出す個体もなく何処かで静止しているようです。
暑さのせいでしょうか? この個体もほっておくと静止したままでした。
そこで食草のウマノスズクサは土手に沢山あり・・・・・卵や幼虫は沢山確認できました。
e0224357_22382060.jpg
同じウマノスズクサを食草とするジャコウアゲハとは違って、物凄い卵塊です。
葉の裏だけでなく茎にも産んであります。
e0224357_22400656.jpg
こんな卵塊ですから、孵化した幼虫も数が凄いです。
e0224357_22404747.jpg
しかし、大きくなってくると数が減ってバラバラになるみたいです。
e0224357_22421838.jpg
更に大きくなると色も変わってきます。毒々しい感じです。
e0224357_22424753.jpg
そこら中にあるウマノスズクサですが、ところどころで局所的に幼虫や卵が確認できました。
蛹は探せませんでしたが、幼虫も色々な大きさが一通り確認できました。
あまりに暑いので短時間で観察を切り上げましたが、今回は♀が確認できなかったので2011年に撮影した
♀の写真も追加しておきます。
e0224357_22472355.jpg
e0224357_22474970.jpg


予定を変更してホソオチョウを探してみましたが、外来種なので見つかて良かったのか複雑です。
このチョウの生息地は炎天下なのでいくら水分を摂ってものどが渇きます。
まだまだ残暑が厳しそうなので、もう暫くは標高の高い避暑地での撮影が狙い目ですね。



-


by konty33 | 2016-08-24 23:07 | アゲハ類 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://konty33.exblog.jp/tb/24615422
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 雨を避けて移動も・・・実らず      夏枯れの荒れた草地にて >>