2016年 07月 31日
スミナガシと遊ぶ
7月30日 
甲信地方も梅雨明けしたので日中は高原でも暑くなりました。
いつも樹液が出ている木では見つからなかったスミナガシを林道で見つけました。
どうも動物の死骸に興味があるようで、周りを飛び回って様子を見ているようです。
その内に地面に止り・・・・・
e0224357_22571053.jpg
目的の場所へ歩いて辿り着きました。
e0224357_22573116.jpg
翅を時々動かすので、横からも・・・・
真っ赤なストロー(口吻)が特徴的ですね。
e0224357_22581896.jpg
上からも・・・・・
e0224357_22585259.jpg
時々、飛び立ってはワラビの上で様子見のようです。
e0224357_23000172.jpg
e0224357_23001371.jpg
e0224357_23003139.jpg
新鮮な個体はすごく綺麗で角度によっていろいろな色に見えます。
e0224357_23014963.jpg
暫くすると忘れられないのか元に戻ります。
e0224357_23025420.jpg
e0224357_23034199.jpg
2頭いましたが、並んだ写真を撮ることが出来ませんでした。
時々木の上にも止ります。
e0224357_23051268.jpg




この時期、時々姿は見かけても、なかなか撮影チャンスは無いですが
今回はスミナガシだけで2時間以上遊んでもらいました。
本当はヤマキチョウの蛹探索や発生状況を調査に行ったのですが嬉しい誤算です。



-



by konty33 | 2016-07-31 23:15 | タテハ類 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://konty33.exblog.jp/tb/24565655
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 22wn3288 at 2016-08-01 08:03
スミナガシ 綺麗ですね!
色が微妙に変わるのも素敵です。
Commented by konty33 at 2016-08-01 12:59
22wn3288さん 
ストロボを使用したり露出を変えたりして色々と試しましたが
どれが良いのかよくわかりません。
好き嫌いにもよると思いますが、明るい場所だったので
ストロボの影響より見る角度の影響の方が大きいと感じました。
こんなに新鮮な個体は久しぶりです。


<< ヤマキチョウの蛹探索など      なんだか豪華に見えるクロヒカゲモドキ >>