2016年 07月 21日
高原のチョウを楽しむ
7月17日 
この日も朝から曇り空でしたが、アイノミドリシジミのテリ張を期待して山の上に出かけました。
ポイントに到着すると薄日が差すまずまずの空模様で期待が膨らみます。
問題は適期かどうかと低い位置でテリ張してくれるか・・・です。
開演時間がやってくると何処からともなく1頭、2頭と現れました。
飛ぶ姿を見ているとキラキラとアイノ色が綺麗で新鮮そうに見えます。
e0224357_21464405.jpg
少し低い枝先に止りましたが殆ど水平なことが多く撮影機会は殆どありません。
しかし、ワンチャンスだけ間近で撮影させて貰いました。(100mmマクロでトリミングなし)
e0224357_21500409.jpg
e0224357_21502293.jpg
結局、まともな写真はこれだけですが、新鮮でしたしコンディションを考えると仕方ありません。
他にはヒョウモンチョウが見られました。
e0224357_21540600.jpg

e0224357_21553722.jpg
ヒョウモンチョウに交じってコヒョウモンが塊っている場所がありました。
e0224357_22080500.jpg
e0224357_22081613.jpg
ウラジャノメもいましたが既にかなり擦れていたのでカメラを向けませんでした。
この草原ではコキマダラセセリを時々見かけました。
e0224357_22113998.jpg
e0224357_22121373.jpg
撮影を楽しみながら歩いていると・・・突然の雨・・・・徐々に雨が酷くなり全身ずぶぬれでした。
仕方なく山を下り別の場所に移動しました。

次の狙いはオナガシジミです。
何カ所かで探しますが時々飛んでも午後ですからなかなか降りてきません。
この地方ではまだ発生初期でやっと降りてきたのは1頭だけ・・・・撮影直後に飛んでいきました。
e0224357_22153372.jpg
次にヘリグロチャバネセセリを見つけることが出来ました。
e0224357_22150126.jpg
e0224357_22151772.jpg
スジボソヤマキチョウも1頭だけいましたが、カメラを向けると吸蜜をやめてしまい・・・・・
e0224357_22154259.jpg
その直後お眠の時間となり葉裏で休止状態に入りました。
e0224357_22155293.jpg


朝のアイノのテリ張から始まり、昼前に雨に降られたものの一日楽しめました。
7/18に東海地方から西は梅雨明けと見られると発表がありましたから、いよいよ本格的な夏ですね。
こうなると涼しい山の上が一番ですが、今年はタテハ達の姿が少ない気がして・・・
夏枯れ状態が心配です。


-


by konty33 | 2016-07-21 23:06 | シジミ類 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://konty33.exblog.jp/tb/24543667
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 22wn3288 at 2016-07-23 08:40
アイノ色の輝き 見事ですね。
その他のチョウたちも居て楽しいですね。
Commented by konty33 at 2016-07-25 12:57
22wn3288さん 
恥ずかしながらアイノを間近で撮ったことがなくて
チャンスは少なかったですが嬉しかったです。
今年はチョウの種類や数はかなり少なく感じましたが
いろいろいると楽しめますね。


<< 塩ビ管が大好きなコヒオドシほか      翅裏模様が魅力的なキマダラモドキ >>