2016年 07月 13日
オオイチモンジとの出会い
7月10日
前日は雨模様だったので遠征を諦めましたが、この日は晴れの予報だったので
何年か前に訪れてから久しく出会っていないオオイチモンジを狙って出かけました。
いつも思うのですが、山の緑と川の流れがとても綺麗で目を癒してくれます。

河原沿いのコンクリートでミネラルを吸収している個体をまず見つけました。
e0224357_20570215.jpg
↑の個体は残念ながら少し擦れていましたが、綺麗な個体もみられました。
e0224357_20520653.jpg
林道や河原の上を飛びますが、吸水に夢中な個体は見られず敏感に飛んでしまいます。
e0224357_20525729.jpg
この個体はとても新鮮そうでしたが、歩いたり小飛びしながら10秒くらいで飛んでしまいました。
e0224357_21013611.jpg
e0224357_21015038.jpg
人の汗に集まるのでザックにも寄ってきますが、写真としてはどうなんでしょうね。
e0224357_21065126.jpg
地面に吸水するのも1頭だけで、この日は集団は見られませんでした。
e0224357_21093572.jpg
以前に訪れた時よりコムラサキも少なく感じましたが、獣糞には多少集まっていました。
シータテハ、キマダラヒカゲ、コチャバネセセリも一緒にいます。
e0224357_21113033.jpg
イラクサの仲間でアカタテハの産卵行動が見られました。
帰りの時間が迫っていたので、卵の確認まで出来ませんでした。
e0224357_21212766.jpg
林道を歩いているとサルの糞が点々あり、ふと見るとサルに囲まれていました。
e0224357_21233613.jpg
沢山の群れで子供もいました。笹の新芽を食べているようです。
e0224357_21234873.jpg
目の前で野生の猿が人を気にしないのも凄いですね。



オオイチモンジは思い描いた様には撮れませんでしたが、新鮮な個体に出会えて良かったです。
久しぶりにこの地を訪れましたが、いろいろな出会いがありやはり魅力的な場所です。
ただ、運動不足と睡眠不足のためか体力の低下を思い知らされました。
他のチョウについては次回ご紹介する予定です。



-


by konty33 | 2016-07-13 21:38 | タテハ類 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://konty33.exblog.jp/tb/24525494
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< タカネキとの嬉しい出会い      ヒメシロチョウと持久戦 >>