2016年 06月 28日
草原のヒメシジミ
6月26日  続き
コヒョウモンモドキがいる草原にはヒメシジミも沢山いました。
e0224357_21373912.jpg
意外とボロボロの個体がいるかと思えば縁毛がしっかり揃った新鮮個体まで色々でした。
新鮮な♀の写真を撮り忘れましたので、これで勘弁してください。
e0224357_22054452.jpg
この日は沢山の交尾が確認できました。
e0224357_21380021.jpg
新鮮な個体同士なら絵になりますが、だいたい♂が傷んでいます。

e0224357_22081304.jpg
いつも草の上の方にいるとは限りません。もう少しで踏みつけそうな地面近くにも・・・・
e0224357_22093081.jpg
カップルが沢山の♂に狙われている場面も・・・・・
e0224357_22145672.jpg

こんな感じで狭い範囲で沢山のカップルを観察しました。
その他にはコキマダラセセリも姿を見せてくれ、いよいよ夏本番を予感させます。
e0224357_22204386.jpg
♂だけでなく♀も撮影しておきました。
e0224357_22225550.jpg

他にもヒメキマダラセセリやコチャバネセセリなどが高速で飛び交っていました。
もう少し天気が良くて時間があれば、ゆっくり一日楽しみたかったのですが・・・・・
午後には観察したいチョウがあったので短時間で次に移動しました。





-


by konty33 | 2016-06-28 22:20 | シジミ類 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://konty33.exblog.jp/tb/24491327
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 22wn3288 at 2016-06-29 08:26
ヒメシジミの交尾シーンには別の♂が絡んでくることが良くあるようですね。
↓ コヒョウモンモドキの姿も素晴らしいですね。
Commented by konty33 at 2016-06-30 21:25
22wn3288さん 
他の種でも交尾に絡む♂は見られると思いますが、
ヒメシジミは生息密度が高いのでより目立ちますね。
久しぶりに見るコヒョウモンモドキは新鮮でとても小さく感じました。
Commented at 2017-09-05 18:49
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by konty33 at 2017-09-05 22:43
鍵コメさん 
こちらにもありましたか・・・
対応が遅れて申し訳ありませんでした。


<< 間近で見るメスアカミドリのテリ張      初夏の高原?のチョウ達 >>