2016年 05月 17日
今年のオレンジは早すぎ
5月8日 
GWの最終日となったこの日は快晴で風もなくオレンジ日和となりました。
例年なら2週間くらい早いイメージですが、今年は発生が早そうなので下見と思い行ってきました。
期待しながら現地に到着しましたが、暫く待っても全く飛びません。
9時半ごろになってやっとクモマツマキチョウが飛びました。
e0224357_2128458.jpg

この♂が飛び出す前にハタザオを確認すると卵が見つかったので、間違いなく飛ぶと確信していました。
しかし飛び出す時間が遅すぎで、しかも姿が見られる回数も時間もが少なすぎです。
e0224357_21323614.jpg

朝のうちは何回か吸蜜しましたが、時間が短く追いかけての撮影は大変で背景が抜けるような絵にはとてもなりません。
こちら向きで吸蜜したので顔はよく見えますが・・・・イケメンでしょうか。
e0224357_2134257.jpg

新鮮な♂のV字開翅で裏表を上手く表現したかったのですが・・・翅表だけが多かったです。
e0224357_2136102.jpg

スミレの花でも吸蜜しました。
e0224357_21411680.jpg

タンポポが咲いていたので吸蜜しないかと思っていたら・・・・これは長々と吸蜜していました。
e0224357_21455542.jpg

♀は昼頃になってやっと現れました。
e0224357_21485595.jpg

久しぶりに産卵シーンも撮影でき、これは満足です。
e0224357_21495445.jpg

角度が90度変わって・・・・・顔は写せましたがこれでは卵が見えませんね。
e0224357_21502672.jpg

これが産卵したての卵ですが、白っぽい色をしています。
e0224357_2152339.jpg

この卵が朝一の♂が飛ぶ前に確認していた卵ですが、日にちが経過しオレンジ色です。
e0224357_21544189.jpg

違う卵をもう少しアップにしてみました。
e0224357_2155847.jpg


♂と♀が飛び出すとこんな求愛シーンも見られましたが、ピンボケで申し訳ありません。
♀はお尻を上げて交尾拒否のようです。
e0224357_21571549.jpg





フライングかと心配しましたが、個体は少ないものの♂♀ともに確認できました。
卵の色からすると更に何日か前に発生していた事になりますから
この地の発生日として過去最速になるような気がします。
まだハタザオも少なめだったことから、1週間後に再訪し発生状況を確認しています。

by konty33 | 2016-05-17 22:03 | 高山蝶 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://konty33.exblog.jp/tb/24388673
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 22wn3288 at 2016-05-18 07:56
クモマツマキチョウは矢張り綺麗ですね。
確実に撮されていて流石と感心しました。
今年は発生が早いのですね。
14日に行きましたが、ようやく撮れたという位でした。
ポイントが違うのでしょうか。
Commented by konty33 at 2016-05-19 12:59
22wn3288さん 
この時期には1度は見ておきたい蝶ですね。
個体数は極めて少なく、時々姿を現すのは同一個体で
この1♂1♀だったかもしれません。
よって撮影チャンスも少なく満喫できたとは言えません。
前翅の斑紋形状からわかるように南アです。
Commented by mikiosu at 2016-05-20 03:22
こんにちは。
クモマツマキチョウ、成虫はもとより産卵シーンから卵まで素晴らしい写真の数々、堪能させていただきました。
私はまだ見たことがなく、いつか、と思いつつもう何年も経ってしまいました。来年か再来年あたりなんとかしたいところです。
Commented by konty33 at 2016-05-22 21:05
mikiosuさん 
クモマツマキチョウは小さいころからの憧れのチョウでした。
個体数が少ない中でも確実に探し出すのが楽しいです。
産卵しそうな♀を見つければ産卵シーンは撮れますが、
♂の吸蜜は短くなかなか思うような絵にはなりません。
卵は簡単に探せますからこの程度の写真なら簡単です。


<< 静止しないオレンジ      谷間の林道のアゲハ類 >>