2016年 02月 29日
オオムラサキ越冬幼虫
2月21日  続き
狙いだったクロミドリの越冬卵を探し終えると午後はオオムラサキの越冬幼虫が見たくて
夏にオオムラサキが絡んでいたエノキの根元を探しました。
e0224357_20432753.jpg

e0224357_2044120.jpg

e0224357_20475398.jpg

積もった枯葉の中から掘り出して撮影していると風が強くて吹き飛ばされてしまうので
早々に元通り枯葉の中に返してやりました。
夏にはこの林道でミヤマカラスシジミも目にしたので越冬卵を探しました。
クロツバラが何本かあったので探してみるとすぐにいくつか見つかりました。
e0224357_20542416.jpg

多くは枝の分岐近くに産まれていますが・・・・
e0224357_20552781.jpg

いつも同じパターンではないようです。
e0224357_20562323.jpg

この地域では大きな卵塊は見られず、殆どが1,2卵ずつ産まれています。
卵表面の凹凸も小さく、産卵直後の様に綺麗ではないのであまり魅力的ではありません。



この日は風が強いものの天気も良く久しぶりの遠征を楽しみました。
しかし、夜に予定があったので夕食に間に合うようにいつもよりは相当早く帰宅しました。


-

by konty33 | 2016-02-29 21:13 | 幼虫 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://konty33.exblog.jp/tb/24180733
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< ゼフ卵探し不調に終わる      ラッキーなクロミ越冬卵探し >>