2016年 02月 15日
ベニシジミの幼虫は寒くない?
2月13日
雨の予報でしたが目覚めると意外と晴れていたのでベニシジミの幼虫を探すことに・・・
自宅周辺の畑や荒れ地では見つからなかったので、近所の池の畔の荒れ地に行ってみました。
e0224357_211976.jpg

河津桜が咲き始めた池の土手やある程度雑草が刈られた荒れ地にギシギシやスイバが沢山ありました。
一番最初に見つけたのはスイバの葉の裏に静止した1cmにも満たない小さな幼虫でした。
e0224357_2151251.jpg

食痕や糞が見つかっても幼虫は見つからないことがあります。
葉を裏返すときなどに幼虫が警戒して葉からコロッと落ちてしまうからでしょう。
食痕を見つけたら・・・触らないでまずはルッキングが良いようです。
e0224357_2192785.jpg

このように葉の軸でじっとしている幼虫も多く見られました。
大きい幼虫ほど警戒心が強いのかカメラを近づけただけで転がってしまい撮影に至りません。
やっと撮影できても摂食中の撮影は難しいです。惜しい・・・
e0224357_21123810.jpg

幼虫の色は緑っぽいのから赤っぽいのまで色々ですが・・・・
食べている葉っぱの色とは関係ないのでしょうか?
真っ赤な葉を食べている?緑の幼虫が見つかりました。
e0224357_21155226.jpg

葉の表面を食べるようで、代表的な食痕はこんな感じです。
e0224357_21173951.jpg

この写真の株からは矢印の箇所から2つ見つかりました。
左の矢印の葉の裏と真ん中の矢印は幼虫が見えると思います。
e0224357_21184362.jpg

真ん中の矢印の幼虫を違う角度から撮影しました。
ちょうどお尻から糞が落ちるところです。
e0224357_2121983.jpg

大きな糞や食痕があると1株に3つ見つかることもありました。
1枚の写真に入れることは難しかったので・・・・
e0224357_21263568.jpg

この枯れ草に静止している幼虫は蛹化が近いのでしょうか?
e0224357_21245295.jpg



朝方の青空が嘘のように暗くなり、雨が落ちてきたので終了としました。
日差しはなくても比較的暖かでしたが、この時期に活動しても幼虫たちは寒くないのでしょうか?

by konty33 | 2016-02-15 21:42 | 幼虫 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://konty33.exblog.jp/tb/24141498
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 22wn3288 at 2016-02-16 08:19
ベニシジミの幼虫が良く見つかりますね。
一度見つければ要領が掴めるのでしょうが、中々難しいです。
先ずは探しに出かけなくてはなりませんが、それも困難ですね。
Commented by konty33 at 2016-02-17 21:52
22wn3288さん 
これまで1度だけしか探したことはありませんでしたが、
こんなに見つかるとは思いませんでした。
今回感じた要領は、表面を少し残した食痕や糞を手掛かりに
風のない暖かな日中に探すのが良いかと思いました。
冬の寒さの中でも日向ぼっこする様に良く目立つところに
静止していることが多い様です。
春先にベニシジミが多く見られる場所なら意外と簡単に
見つかると思いますよ。


<< ラッキーなクロミ越冬卵探し      越冬卵と越冬幼虫のダブル探索? >>