2015年 04月 22日
幼虫探しなど・・・暇つぶしも楽しい
4月18日 続き
朝、ヒメギフチョウが飛び出す前にはホシミスジの幼虫探しをしました。
車で走行中にたまたま見つけたユキヤナギから見つかるのですから嬉しくなります。
e0224357_2044438.jpg

新芽が膨らんで蕾も見られますが、枯れた葉が越冬幼虫の巣です。
中を見るために少し広げてみました。
少し寒くてかわいそうですが、そろそろ摂食が始まる時期ですから大丈夫でしょう。
e0224357_20461049.jpg

幼虫の大きさは計測していませんが、5,6mm位でとても小さいです。
枯葉はしっかりと糸で括りつけられているのが分かります。
ここならよく通る場所なので、今後の経過観察が楽しみです。


次にご紹介するのは、ウスバシロチョウの幼虫です。
清楚な成虫のイメージとはかけ離れていますが、横のラインが特徴的です。
e0224357_20525517.jpg

普通はムラサキケマンをイメージしますが、ここではエンゴサクを食しているようです。
花も一生懸命食べていました。
e0224357_20542144.jpg

食欲は旺盛で、集団に生えている一帯の葉や花は食痕が凄まじく半分くらいなくなっていました。
花の房を食べ終えそうなシーンも見られました。
e0224357_2056093.jpg

この幼虫はたいへん敏感で、驚くとすぐに地面に落ちてしまいます。
摂食中の写真を撮るには、ジッと上がってくるのを待つ「ゆとり」も必要でした。


ヒメギフチョウを撮影しているときスギタニルリシジミがカタクリに止まってくれました。
e0224357_20364148.jpg

ボロボロのスジボソヤマキチョウも夢中に吸蜜する姿が見られました。
e0224357_20394098.jpg

産卵行動の♀を暫く観察してみましたが、近くには食草がないらしく産卵シーンの撮影はできませんでした。


テングチョウは沢山いました。
e0224357_20404021.jpg

それ以外にもシータテハ、ルリタテハ、ヒオドシチョウなどが見られました。





例年より1週間くらい早く、今日は会社のツツジが満開になっていました。
この分だとギフチョウシーズンはアッと言う間に終わってしまいそうで、なんとなく気が焦ります。
後悔しない様に今週末も何処かへ行きたいと思っています。

by konty33 | 2015-04-22 21:15 | 幼虫 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://konty33.exblog.jp/tb/22976644
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by みき♂ at 2015-04-23 03:24 x
こんにちは。
ホシミスジの幼虫はまだ小さいですね。今季はまだ見ていませんが、ぼちぼち探してみたいです。
ウスバシロチョウの幼虫は先日初めて見ました。
白いラインに点々と入っているオレンジ色の斑点が可愛いアクセントになっていて結構気に入りました(笑)。
幼虫は本当に敏感で見つけた3匹のうち2匹を地面に落としてしまいました。
Commented by konty33 at 2015-04-23 21:52
みき♂さん 
ホシミスジは成虫をあまり見たこと無いような意外なところにもあることが分かり新発見です。
ウスバシロの幼虫は、地面や枯葉の上で見つけてもあまり興味はを感じませんでしたが、
花を食べる姿を眺めていると絵になる?と感じてしまいました。
静かに近づかないとすぐに落ちてしまいますね。
これもこの幼虫の特徴として面白いです。
Commented by himeoo27 at 2015-04-25 19:52
ウスバシロチョウの幼虫は、
黒を基調とした地色
白とオレンジの細い線が
とっても素敵ですね!
Commented by konty33 at 2015-04-27 21:15
himeoo27さん 
興味のない人は気持ちが悪いと思うかもしれませんが、
よく見ると体側のラインが綺麗で、
綺麗な花を食べているのを見ると意外と可愛く見えてきます。


<< 桜ヒメギフ、またしても妄想に終わる      いろいろな吸蜜を見せてくれたヒ... >>