2014年 09月 19日
ウラギンシジミの卵と幼虫の造形美
9月15日
地元では秋が深まるとウラギンシジミが増えてくるはずです。
この時期なら幼虫や卵が見つけやすいはずなので、河原のクズの花を探してみることにしました。
まず見つけたのは、蕾に産み付けられた卵です。
e0224357_21124016.jpg

白くて大きいのであればすぐに見つかります。
肉眼でもゴルフボールのディンプルのような模様がなんとなく分かります。
超接写で見るとはっきりと分かります。
e0224357_21165278.jpg

幼虫はなかなか見つかりませんが、卵は次々と見つかります。
e0224357_21174861.jpg

OLYMPUSのTG-2は卵を写すのに便利で、コンデジでも表面模様がよくわかりバカにできません。
e0224357_21433839.jpg

卵は蕾についていますが、幼虫探しは花びらの穴(食痕)を探すことがコツのようです。
この花穂の先には孵化した卵殻がついており、花弁には穴が開いていました。
これならいるに違いないと・・・・よく見ると小さな幼虫も見つかりました。
e0224357_2147790.jpg

幼虫だけを少しアップで写しました。
e0224357_21493029.jpg

角のようなものが2本ありますが、そちらはお尻です。
終齢幼虫も見つかりました。
e0224357_215237.jpg

終齢幼虫がいる花穂は花があらかた先まで終わりかけているのが普通のようです。
綺麗な花が咲きそろっているところでは擬態色で見つけにくくなります。
e0224357_21573819.jpg




暫く探しましたが、卵に比べて幼虫はとても見つけにくいと感じました。
卵も幼虫も特徴のある形なので見つけると嬉しくなります。
この日は、成虫を全く見ることがありませんでしたが、秋が深まると急増すると思います。

by konty33 | 2014-09-19 22:13 | 幼虫 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://konty33.exblog.jp/tb/22401664
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by みき♂ at 2014-09-20 03:06 x
こんにちは。
ウラギンシジミ、卵も幼虫もとても綺麗に撮られていますね。
私もTG-2を使っていますがこんなに鮮明に撮れません(涙)。
Commented by himeoo27 at 2014-09-20 20:18
ウラギンシジミの卵、幼虫どちらもシャープな
画像で素晴らしいですね!
私も探してみたくなりました。
Commented by konty33 at 2014-09-21 21:54
みき♂さん 
ウラギンシジミは卵も幼虫もとても特徴的な形なので撮影が楽しいですね。
TG2の卵の写真は少しトリミングしています。
1回ではなかなか上手く撮れないので何枚か撮影して良いものを選んでいます。
Commented by konty33 at 2014-09-21 22:03
himeooさん 
超接写以外は全てコンデジで気軽に撮影したものです。
クズの花は沢山あるのですが、探すとなると簡単ではないですね。
見つかるととても嬉いので、是非探してみてください。


<< 地元の河原でミヤマシジミの探索      アワブキから見つかる幼虫たち 第2弾 >>