2014年 09月 17日
アワブキから見つかる幼虫たち 第2弾
9月13日 続き
渓谷の林道を歩きながらどこかで見たような風景に・・・・デジャブ?だと感じました。
ここでもひょっとしてアワブキがあればあの幼虫が見つかるのでは・・・・と感じるほどの光景でした。
すると程なくアワブキが見つかりました。
下から見上げると見覚えのあるシルエットにスミナガシの終齢幼虫だとすぐ分かりました。
e0224357_20405058.jpg

枝を近くに引っ張ると・・・・
e0224357_20453251.jpg

他にもいろいろなサイズの幼虫が見つかりました。
e0224357_20455249.jpg

頭の大きさは殆ど終齢幼虫と同じくらいですが、体は小さく茶色です。
e0224357_2046615.jpg

直接比較できる写真も撮れました。
e0224357_20471682.jpg

もう少し小さくなるとこんな感じで様子が異なります。
e0224357_20474895.jpg

先日見つけた一番小さいものよりは少し大きめ(太め)でした。
e0224357_2048378.jpg

他にも小さなものが見つかりましたが今回は省略します。


次にアオバセセリですが、こちらは少ないようで1つだけしか見つかりませんでした。
アワブキの葉先を綴って下の写真のような巣を作ります。
e0224357_2052296.jpg

この巣を開けてみると中から可愛い幼虫が見つかりました。
e0224357_20532055.jpg

この場所は暗いのでLEDライトを使用しましたが、上手く撮影できませんでした。


帰り道にスイカズラを見かけたのでイチモンジチョウの幼虫を探してみると1つ見つかりました。
(アサマイチモンジかもしれません)
葉の根元を半分だけ綴って越冬準備の状態のようでした。
e0224357_20562655.jpg


幼虫だけでは嫌われるので・・・・・記録として他のチョウも少しだけ掲載します。
サカハチチョウはボロが多かったのですが、比較的綺麗な個体も見られました。
e0224357_2194842.jpg

ミドリシジミは突然現れすぐに飛び立ちました。
e0224357_2110155.jpg

スジグロシロチョウは逆光で綺麗でした。
e0224357_21101868.jpg




本命のツマジロウラジャノメ以外にもいろいろな楽しみがあり忙しいフィールドでした。
ここではアオバセセリやスミナガシの成虫は見たこともないので、成虫探索も楽しみです。
次回は別の場所でもっと大きなアオバセセリの幼虫を見つけたいと思っています。

by konty33 | 2014-09-17 21:14 | 幼虫 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://konty33.exblog.jp/tb/22395702
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by みき♂ at 2014-09-18 00:41 x
こんにちは。
スミナガシ幼虫のお写真、お見事です!
葉裏からシルエットで撮るなど勉強になりました。
これはスミナガシ幼虫ならではのカットですね。
イチモンジチョウはスイカズラですか、今度スイカズラを見つけたら探してみたいです。
Commented by konty33 at 2014-09-19 20:59
みき♂さん 
葉の裏からのシルエットで分かってしまうのは、スミナガシくらいではないかと思います。
終齢幼虫は大きいし、大きな角が目立つので面白いと思って撮影しました。
イチモンジチョウの幼虫ですが、今年時々探しましたが上手く探せません。
スイカズラは何処にもあるので確率が悪いのかコツが掴めません。


<< ウラギンシジミの卵と幼虫の造形美      もうキノコの時期? いや、ツマ... >>