2014年 09月 14日
もうキノコの時期? いや、ツマジロの時期でした
9月13日
天然の崖などに自生するノガリヤスを食すことから崖をイメージするツマジロウラジャノメですが、
今年は夏に撮影するチャンスがなかったので、あらためて3化を狙って出かけてきました。
山道を歩いていると・・・・・キノコがやたらと目につきました。
大きな傘をつけることで有名なカラカサダケです。比較としてペットボトルを置いてみました。
e0224357_21575349.jpg

きのこの同定には全く自信がありませんが、ハナイグチらしいです。
e0224357_21592167.jpg

いずれも食べられるようですが、怖くてダメですね。
さて、ツマジロウラジャノメですが・・・・崖を探しても全く現れません。
諦めかけた時、ブットレアの花に吸蜜する新鮮な♀を見つけることが出来ました。
e0224357_2223793.jpg

e0224357_2244176.jpg

AFではピントが甘く、忙しく動くので被写体ブレし易く、ストロボを使うと反応するし、
思うような角度になってくれず・・・・ブレやボケの量産です。
e0224357_22103843.jpg

長時間吸蜜してくれたので助かりました。
e0224357_22121589.jpg

吸蜜の途中で何度か近くの岩に静止して休みました。
e0224357_22171269.jpg

天然の崖とはイメージが合わないツルツルの岩の上では今一つです。
少し雰囲気のある岩の上にも静止しました。
e0224357_23299.jpg

ヒヨドリバナなどでも吸蜜していましたがすぐに飛び立ちます。
e0224357_22202023.jpg

しかし、ブットレアはよほど気に入ったようで吸蜜に夢中でした。
普段は敏感なのにこの時は近づいても逃げませんでした。
そこで、広角で山の雰囲気を入れてみました。
e0224357_2224448.jpg

今回はこれしかありませんから、もう少し載せておきましょう。
e0224357_22285318.jpg

e0224357_22292577.jpg



新鮮な♀に出会えたので良かったですが、外来種のブットレアではしっくり来ませんね。
多数の個体を期待しましたが、もう1頭ボロボロの個体が見られただけでした。

by konty33 | 2014-09-14 22:36 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://konty33.exblog.jp/tb/22387177
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kazenohane at 2014-09-14 23:11
こんばんは。
外来種のブッドレアの花を訪れるツマジロウラジャノメも、
そんなに違和感はないですね。
岩の上で開翅する姿は、自然な感じを受けます。
よく、コンクリートに止まる姿を見かけますが、
それよりは、ずっといいですね。
Commented by 22wn3288 at 2014-09-15 08:39
ツマジロウラジャノメの姿の数々 素敵ですね。
今頃出会えるとは知りませんでした。
Commented by himeoo27 at 2014-09-15 15:36
ツマジロウラジャノメというと人里離れた岩壁に生息
している珍蝶のイメージなので、ブッドレア吸蜜と聞く
と違和感ありました。でも無心に吸蜜するその姿は、
不自然さがないですね!
Commented by kenken at 2014-09-15 20:19 x
そうかっ!このツマジロ、3化なんや・・・以前、この時期に撮影した個体、私、てっきり2化だと思っておりました。で、思わずコメントです。
自然岩上の静止、大変よろしゅうごさいます。
以前、キベリで有名な某高原に出かけたところ、やはりブッドレアにツマジロが執着しておりましてね、花の紫色がきつすぎて違和感のある写真を連発しました。ブッドレアって、自生しているとは思えませんよね。
Commented by LUFFYY at 2014-09-15 21:41
すっごい大きなきのこですね。
長野方面でもきのこがいっぱいあって
老若男女がきのこ取りしていました。
私ども家族は、きのこに詳しくないので
取るのは、止めときました(笑)
本題のツマジロジャノメ、過去に標高の
高い所で見たきりです。美しい固体の数々
見せて頂いて感謝です!
Commented by konty33 at 2014-09-15 22:37
kazenohaneさん 
ブットレアでも絵的には良いかもしれませんが、初めての感覚で
違和感を感じました。
コンクリートよりは自然の岩の方が良いかもしれませんが、
切り立った崖に似合わないツルツルの岩では、ピッタリきませんでした。
Commented by konty33 at 2014-09-15 22:42
22wn3288さん 
長時間にわたりブットレアにご執心でしたから沢山写真が撮れました。
夏は天候不順などで見かけるチャンスがありませんでしたが、
低山では発生するところがあるので最後のチャンスを狙いました。
Commented by konty33 at 2014-09-15 22:48
himeooさん 
やはりブットレアは違和感がありますよね。
ここは比較的低い山で人の営みの近くですから、人為的に持ち込まれたのでしょうね。
ブットレアのお蔭で2頭が長時間吸蜜してくれたので、このチョウの印象が変わりました。
Commented by konty33 at 2014-09-15 23:03
kenkenさん 
この時期に新鮮個体が見られるのは低山地域だけで、やはり3化でしょうね。
ゴツゴツとした岩での静止が、このチョウのイメージにピッタリですね。
このブットレアはやはり人為的に持ち込まれたものだと思いますが、
確かに紫が強いしこのチョウとの相性は良いとは言えませんね。
バタフライガーデンみたいですが、そのうちにこんな組み合わせも自然になりそうな気がします。
Commented by konty33 at 2014-09-15 23:09
LUFFYYさん 
このカラカサダケは大きいものでは50cmを越えるようです。
今までそんな大きなものは見たことがありませんが・・・・。
キノコがやたらと目に付きましたが毒なのか食べられるのか、また美味しいのか
不味いのかサッパリわかりませんから、、とても食べようとは思いません。
狙っても必ず撮影できるとは限らないので、この時期に見られてラッキーでした。


<< アワブキから見つかる幼虫たち 第2弾      アワブキから見つかった幼虫たち >>