2014年 07月 31日
暗がりのオオヒカゲに苦戦
7月20日 続きなど 
ゼフやミヤマシロチョウを観察したにの夕方は、オオヒカゲの発生状況を確認に行きました。
オオヒカゲは林内にいるので明るいうちに狙えると良いのですが・・・・
移動途中で黒い雲が空を覆い土砂降りに見舞われ、道は川のようでした。
現地で暫く待つと雨は上がり、何とか撮影できそうな明るさになりました。
e0224357_2232838.jpg

しかし、この日撮れたまともな写真はこの1カットのみ・・・・暗すぎてブレブレでした。
そこで7/26にも立ち寄り再撮影しました。
e0224357_2255841.jpg

e0224357_2262015.jpg

e0224357_227656.jpg

7/12には蛹をいくつか見つけており、7/20までの間に一斉に羽化したと思われます。
e0224357_227572.jpg

週の途中で羽化したので残念ながら羽化直のぶら下りはお預けです。

近くのクロツバラが沢山見られる場所で、3週間に渡りヤマキチョウの幼虫を探しました。
7/12に見つけた小さな幼虫です。
e0224357_22104420.jpg

この時は卵も見つかりました。
e0224357_22112880.jpg

7/20は傘をさしながらでしたが、大きな幼虫が見つかりました。
e0224357_2212357.jpg

写真では大きさが分かりにくいですが、さらに大きな幼虫も・・・・
e0224357_22132665.jpg

体を半分持ち上げていました。
7/26に蛹になっているかと思いきや・・・・大きな幼虫は鳥に捕食されてしまうようです。
小さな幼虫しか見つかりませんでした。

クロツバラがあればミヤマカラスシジミがいてもおかしくありませんね。
1頭だけ見つけることが出来きたので証拠写真を・・・・ここでは結構レアなような気がします。
e0224357_22172120.jpg



3週間にわたりオオヒカゲとヤマキチョウの幼虫の様子をセットで覗いて来ました。
オオヒカゲは敏感で、暗がりに逃げ込むので撮影は難関でした。
ヤマキチョウは蛹が見つからず残念でしたが、次回は成虫探索を楽しみにしています。

by konty33 | 2014-07-31 22:27 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://konty33.exblog.jp/tb/22250686
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kazenohane at 2014-07-31 22:56
こんばんは。
この幾何学的な模様に魅せられています。
オオヒカゲは、どうしても一度は見てみたい蝶です。
暗い場所で、撮影も難しそうですね。
ストロボも併用しているのですか?
Commented by konty33 at 2014-08-01 12:58
kazenohaneさん 
ヒカゲ好きでしたね。ヒカゲの中でも大型で迫力があり魅力的です。
天気や場所にもよりますが、基本的に暗がりが好きで撮影には苦労します。
シャッター速度が1/60以上に設定できないこともあります。
ストロボを弱めに発光するのが基本になります。
Commented by cactuss at 2014-08-01 19:29
次の週も行ったんですね。
1枚目はいい感じです。
あそこにはミヤマカラスシジミもいるんですね。
今年は、なぜかミヤマカラスシジミを撮影するチャンスがありません。
Commented by 22wn3288 at 2014-08-02 10:17
オオヒカゲの撮影は難しそうですね。
蛹はグリーンなのですね。
ヤマキチョウ今幼虫ですか。
Commented by himeoo27 at 2014-08-02 13:13
オオヒカゲは薄暗い林の中に潜んでいて、
人が近づくと直ぐに舞い上がるので撮影
困難種ですね!
Commented by hirax2 at 2014-08-03 18:30
オオヒカゲは本当に敏感で暗がり暗がりに入り込みますよね。
自分が大きいから見つかりやすいということで警戒心が強いのでしょうかね。
開翅とか、しっかり撮ってみたいものです。
Commented by konty33 at 2014-08-03 21:17
cactussさん 
消化不良でまた立ち寄ったのですが、成果はイマイチでした。
オオヒカゲは相変わらず敏感で、ヤマキチョウの蛹も見つからずでした。
ミヤマカラスシジミは、ここでは初めて撮影に成功しました。
今年は各地で異変?が起こっているような・・・・。
Commented by konty33 at 2014-08-03 21:21
22wn3288さん 
オオヒカゲの蛹は食草にぶら下がっているので保護色の緑色です。
ヤマキチョウは死ぬまで産卵するそうなので、卵も小さな幼虫も見られますが、今週くらいから成虫も見られるはずなので、この小さな幼虫たちが成虫になれるのか分かりません。
困ったことに不思議と蛹は見つかりません。
Commented by konty33 at 2014-08-03 21:26
himeooさん 
ただ薄暗いだけならいいのですが、藪の中が自由に歩けないので
近づくのが大変で前被りもあり、どうしようもありません。
藪の中から広い場所に出てきてくれる時もあるのですが・・・今回はNGでした。
Commented by konty33 at 2014-08-03 21:32
hirax2さん 
林内の暗がりでも藪の中に逃げ込まれて、距離とばれるとどうしようもありません。
開翅はタイミングが合わず叶いませんでした。
交尾も狙いたいですが、この時期は他にもいろいろと撮りたいものがあって、ゆっくりと時間をかけられません。


<< チョウ相が薄くなった林道は夏枯れ?      ミヤマシロチョウの吸蜜観察 >>