2014年 06月 04日
ウラキンシジミの落下した幼虫
5月31日 
クモマツマキチョウを追いかけ歩き続けて疲れ切った日の夕方です。
まだ日暮れまでには時間があったのでウラキンシジミの幼虫探しをしてみました。

この種は終齢幼虫になると蛹化のため植樹のアオダモ(トネリコ)を降りますが、
葉を食いちぎって葉ごと落下するダイナミックな方法で降りることが知られています。
(これを落下傘とかパラシュートとか言われているようです)

地面に落ちているそれを探そうと言うのことです。
初めて探しますが、以外にもすぐに見つかり、しっかり幼虫もついていました。
e0224357_22404185.jpg

林道上に落ちているしんなりした葉を少し集めるとこんな感じです。
幼虫の大きさにバラツキがあり、蛹化には早すぎると感じるものも居ました。
e0224357_22482339.jpg

そのためか中には落ちた葉を食しているシーンも見られました。
e0224357_22503692.jpg

道の上に落ちている幼虫は踏まれて死んでしまう可能性が高いため・・・・
見つけては木の根元に移してやりました。
落下する時期の見極めは難しいとしても、意外と簡単に見つかるものですね。

6月1日
この日も好天に恵まれました。
本来の目的は違いますがコミスジの産卵シーンを見ることが出来ました。
e0224357_2257553.jpg

この写真からは産卵しているのか確認できませんが、この後卵を見ることが出来ました。
産卵直後の卵にアリが興味を示しています。
e0224357_22585254.jpg

産み付けられたばかりの卵は緑色で綺麗です。
e0224357_230186.jpg

上から見ると丸くて、横から見るとイチゴのような模様で縦長でした。
e0224357_2303380.jpg



この後も2種類の産卵シーンと卵を確認できましたが次回にします。

by konty33 | 2014-06-04 23:08 | 幼虫 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://konty33.exblog.jp/tb/22081183
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by banyan10 at 2014-06-05 02:19
ウラキンの幼虫は僕は以前に案内していただいて撮影しましたが、自力で見つけるのは素晴らしいですね。
3日くらいの期間に一斉に落下するそうで、時期が本当に難しいようです。
コミスジの産卵は分かりにくいので撮影が難しいですね。
僕も一度撮り損なっていますが、普通種だけにいつか機会があるかと期待してそのままです。(笑)
Commented by LUFFYY at 2014-06-05 19:01
ウラキンシジミ、フィールドノートによると
そこらじゅうにいるはずですが、まだで会えてません
ポイントは知っているのですが、少し遠くて・・・
今季、トライするか悩んでいます
Commented by konty33 at 2014-06-05 22:05
banyanさん 
道端にトネリコの多いガタガタ道に沢山落ちていたので、この日ならば誰でも見つかると思います。
短期間に落下するとは聞いていましたが、3日間だとすると相当ラッキーだったと言うことですね。
コミスジの産卵は、葉に静止しているだけのようなので、気にいていないと見逃してしまいます。
気にさえしていれば、何度かチャンスがあるでしょうね。
Commented by konty33 at 2014-06-05 22:10
LUFFYYさん 
ウラキンシジミは卵なら愛知、岐阜、静岡、山梨、長野と各地で沢山見つけています。
成虫は地味で目立たないので写真を撮るチャンスも限られるかもしれませんね。
意外と近くにもいると思いますのでトネリコの多い場所で探してみては如何でしょうか。


<< ウツギに集まるチョウや産卵シーン      今年3度目のクモマツマキチョウ >>