2014年 05月 28日
幼虫探しの楽しさを知る  その2
5月中旬
幼虫探索の続きです。
ゼフィルスのいる林では、クロミドリやウラナミアカ意外にもアカ、ウラミスジがいるはずですが
そう次々には見つかるものではありません。やっと見つかったのがミズイロオナガシジミでした。
e0224357_21143620.jpg

ミズイロオナガの卵はよくありますが、幼虫はなかなか見つからずコナラの葉裏に鎮座しておりました。
横からのアップがとても魅力的な幼虫です。
e0224357_21173437.jpg


オオムラサキは越冬時期しか探したことがありませんでしたが、この時期はエノキの葉の上から見つかります。
e0224357_21203265.jpg

まるまると太った幼虫もいました。
e0224357_21234799.jpg

越冬幼虫と比べると角が立派になっています。
e0224357_21214273.jpg


クロツバラからはミヤマカラスシジミの幼虫も見つかりました。
e0224357_21315149.jpg

写真の赤丸の中に孵化した卵が写っており、幼虫はまだ2mmくらいでした。
これだけ小さいと卵を探してから幼虫を探した方が早いと感じました。

少し場所を変えてウラジロミドリシジミのいるカシワ林にご案内いただきました。
芽吹いたカシワの葉の上から幼虫がにつかりましたが、まだ小さくて探すのが大変です。
e0224357_21361091.jpg

少し大きくなると葉脈の中心に鎮座するのでしょうか。
e0224357_21553124.jpg

このくらいの大きさでは、食痕を目当てに探すのが難しいと思いました。

他にもイチモンジ系やオオミスジなどいろいろと見つけたいと一生懸命探しましたが・・・・
そう簡単には行きませんでした。
その代わりコナラの切り株ではクリストフコトラカミキリがみつかる成果もありました。
e0224357_2139272.jpg



幼虫探しは成虫と異なり、待っている暇な時間はなく朝から晩までとにかく忙しいです。
どんなところにいるのか生態を想像しながら探すのも醍醐味だと思います。
見つかるようになると楽しくて填まると思います。

by konty33 | 2014-05-28 21:51 | 幼虫 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://konty33.exblog.jp/tb/22058980
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 22wn3288 at 2014-05-29 08:54
幼虫探しは難しそうです。
見つかり出すと楽しくなるだろうなと想像出来ます。
目の良い頃から見慣れると見つかるのでしょうね。
Commented by banyan10 at 2014-05-29 09:28
ミズイロは普通種ですが、幼虫は綺麗ですよね。(成虫もですが)
ミヤマカラスシジミ幼虫は見つからなかったので、カミキリと合わせて探してみます。
カシワの方でもウラジロは見つかりませんでした。代わりにウスイロが見れました。(^^; ウラジロはもう少し大きくなった幼虫が見たいです。
Commented by cactuss at 2014-05-29 21:09
なかなか良く考えて、撮影されていますね。
小生など幼虫を真ん中に撮影しているだけです。
小さい幼虫を探すのは大変ですね。
Commented by konty33 at 2014-05-29 22:04
22wn3288さん 
幼虫探しはまだ初心者ですが、コツを教えて貰うと探せるものです。
見つかりだすと面白くなるので辞められません。
MFでピントが合わせられる目であれば、見つけられると思います。
kontyも老眼に飛蚊症などで目はかなり悪くピント合わせもままなりません。
Commented by konty33 at 2014-05-29 22:08
banyanさん 
ミズイロオナガの幼虫は意外とかっこよくて気に入っています。
ミヤマカラスはだいぶ大きくなっているでしょうから、見つけられると思います。
ウラジロも大きくなって立派でしょうね。
ウスイロオナガは幼虫を見つけたことがなく羨ましいです。
Commented by konty33 at 2014-05-29 22:12
cactussさん 
適当に撮影しているだけで、あとで少しだけトリミングしたりしています。
ミヤマカラスの卵は入るように考えましたが、適当なのでピントは合っていません。
TG2のお蔭で小さい幼虫も撮影は楽になりましたが、探すのは時間がかかりますね。


<< 地元の里山にて ウラゴマとアサ...      幼虫探しの楽しさを知る  その1 >>