2014年 05月 19日
南アルプスのクモマツマキチョウ
5月17日
とても綺麗な新緑やアルプスの残雪に加え、澄みきったな青空を眺めながら歩くのは気持ちが良いものです。
寒気が入った前夜は強風でしたが、この日は朝から風も治まり絶好のオレンジ日和でした。
今年の冬は雪も多かったし発生状況を心配しながら、クモマツマキチョウの様子を見に行ってきました。


ポイントに向かう前に少し寄り道して、アルプスを映す池やツツジを撮影しました。
e0224357_21365035.jpg


ポイントに到着しても午前中はキベリ、エル、スジボソヤマキなどの越冬蝶のみで、スジグロシロチョウも飛ばない状況でした。
石灰岩の岩に咲くシナノコザクラを撮影したりして時間をつぶします。
e0224357_21524961.jpg

この花とクモマツマキはいつもセットなんですが・・・・・この日はこれで終わりそうです。
e0224357_215439.jpg

あっという間に午後になり、諦めて帰るかどうか判断に迷っていると・・・・・・
突然飛んで来て目の前の斜面にひとつだけあったハタザオの花で吸蜜してくれました。
e0224357_2155353.jpg

午後は風が強かったのでピントが合わず、そこそこ見られるのはこの1枚くらいです。
一枚だけでは寂しいのでもう少しだけ・・・・・ピントが甘いです。
e0224357_21594732.jpg

この時は吸蜜が終わっていましたが、風が強かったのでしがみついていた感じです。


他に新生蝶はミヤマセセリくらいでしたが撮影もできず、
帰り際にやっとスジグロシロチョウを撮影することが出来たような状況でした。
e0224357_2295981.jpg



気温も高く木々の芽吹きは十分なのに、ハタザオZ(食草)の成長は遅れているように感じました。
結局、このワンチャンスの出会いだけでしたが、気持ちの良い一日でした。
ご一緒した皆さんありがとうございました。

by konty33 | 2014-05-19 22:16 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://konty33.exblog.jp/tb/22019612
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 22wn3288 at 2014-05-20 08:15
南アルプスの クモマツマキチョウ 素敵です。
1頭でも撮れれば心が晴れますね。
Commented by cactuss at 2014-05-20 17:29
当日はお世話になりました。
クモツキの写真は近くで撮っただけあって、迫力ががありますね。
撮影できないと思いましたが、最後に撮影できて良かったですね。
Commented by konty33 at 2014-05-20 22:47
22wn3288さん 
今年は季節の進行に微妙なズレがある種もあり、フライングだったかもしれませんが、何とか見れて良かったです。
何も撮れないのと1枚撮れたのでは、気持ちが違いますね。
Commented by konty33 at 2014-05-20 22:53
cactussさん 
こちらこそありがとうございました。
風で揺れていたのでピンボケ写真の量産に焦りました。
1枚だけでもピントがあった写真があって良かったです。
山々や新緑の風景に癒されながらも、本命が登場してくれないと・・・ね。
ギリギリのところで良いモデルが出てきてくれたのでラッキーだったんでしょうね。
Commented by midori at 2014-05-20 23:23 x
貴重な1頭でしたね(*_*)。撮影おめでとうございます。
このオレンジを見るとウキウキしますね(*^_^*)。
Commented by さっちゃん♪ at 2014-05-21 06:14 x
おはようございます
南アルプスのクモマツマキチョウは黄色の部分の点の形が違うと
伺っておりましたが ほんと明らかですね^^
風が強くてもチャンスを逃さない・・・流石ですね
Commented by HOUNOKI at 2014-05-21 08:51 x
おはようございます。
風に揺れる蝶を撮影するのは、至難の技ですね。
でも、しっかり撮影され、すごいなと思います。
食草の花で吸蜜する南アルプスオレンジは、
特有の風格さえ感じます。
Commented by ダンダラ at 2014-05-21 13:37 x
クモツキ、今年も無事撮影されておめでとうございます。
やはり、スミレでなくハタザオで吸蜜するクモツキは良いですね。
本来の自然な感じがします。
シナノコザクラで吸蜜する写真を以前拝見しましたが、そんな姿を撮影してみたいものです。
Commented by konty33 at 2014-05-21 22:50
midoriさん 
ずっと待っていたのを見ていてかわいそうだと思い出てきてくれたような気がしました。
本当に貴重な1頭でしたが、オレンジを見ると興奮するのは誰でも同じでしょうね。
Commented by konty33 at 2014-05-21 22:53
さっちゃん♪ さん 
確かに斑紋の形が違うようですが、微妙な個体もありますね。
この個体は比較的明確に「への字」なった方かと思います。
朝のうちは穏やかだったのですが、寒気が残っていたのでしょうね。
この時の風には参りました。
Commented by konty33 at 2014-05-21 22:59
HOUNOKIさん 
風が強いとAFのフォーカスポイントから大きくずれてしまうのでAFが効きません。
こんな時はどうすればいいのかオタオタしておりました。
適当に合わせて連射も試みましたが、全くピントが合っていませんでした。
もう少し個体数が多ければいのですが、ワンチャンスだけでは大変ですね。
Commented by konty33 at 2014-05-21 23:03
ダンダラさん 
ハタザオ吸蜜はクモツキらしくて好きですね。
ぶら下がるように吸蜜してくれるのがもっと好きですが、ワンチャンスではそれも叶いません。
シナノコザクラ吸蜜は、個体が多くて時期が合わなければならず難しいですね。
シナノコザクラにはスジボソヤマキの♂が遠くでしたが吸蜜しているのが確認できました。


<< 保護地で生き続けるオオルリシジミ      林道で吸水するクロアゲハなど >>