2014年 05月 05日
ギフチョウとヒメギフチョウの混生地にて
5月2日
信州のギフチョウとヒメギフチョウの混生地に行ってみることにしました。
晴れて気温も上がる予報で期待していましたが、目的地が近づくにつれて雲が多くなり、現地は完全に曇り空でした。
これでは飛ばないので、周りを散策しながら天気の回復を待ちました。
e0224357_20275823.jpg

e0224357_20374631.jpg

10時を過ぎてやっと青空が広がりましたが、個体が少なめで良い場所で吸蜜してくれません。
少し気温が低めの林内のスミレの前で待っていると12時過ぎにやっとチャンスが来ました。
突然ヒメギフチョウが吸蜜を始めました。
e0224357_20415584.jpg

林内にはひとりだけで・・・・暫くは至福の時でした。
e0224357_20453672.jpg

カタクリにも来てくれました。どうやら同じ個体のようです。
e0224357_2047598.jpg

次に、弱弱しくギフチョウが飛んできて目の前のスミレで吸蜜してくれました。
e0224357_2050170.jpg

新鮮な個体が場所を変えながらじっくりと吸蜜してきました。
e0224357_20503241.jpg

いつもの林内のカタクリには中々来てくれまず、ヒメギフが枝先に静止するだけでした。
e0224357_20542089.jpg

皆さんがいらした場所にも行ってみると・・・・ここにもヒメギフチョウがカタクリ吸蜜していました。
e0224357_20591231.jpg

遠目から一枚撮影して・・・・
e0224357_210056.jpg

近寄ってさらに撮影できました。
e0224357_2111812.jpg

産卵や交尾も撮影された方もいたようですが、ひとり離れた林内にいたのでチャンスを逃してしまいました。


この後ヒメシロチョウの生息地にも立ち寄りました。
e0224357_2172172.jpg

逆光に翅を透かして見るととても綺麗ですね。
つくしにも静止してくれました。
e0224357_2193112.jpg

花が少なかったのですが、崖にスミレを見つけて吸蜜してくれました。
e0224357_21103733.jpg

今回は逆光の写真のみにしてみました。


朝はどうなることかと思っていましたが・・・・・
贅沢にもギフチョウとヒメギフチョウの両種に加えてヒメシロチョウまで撮影できました。
撮影をご一緒させていただいた皆様にはお世話になりありがとうございました。

by konty33 | 2014-05-05 21:18 | ギフチョウ | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://konty33.exblog.jp/tb/21963756
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by maximiechan at 2014-05-05 21:56
ヒメギフチョウというと私は赤城姫しか撮影したことがなく、赤が少ないので別種のように見えてしまいました。
それにしてもちょっと天気は悪かったようですが、粘って素敵なシーンをたくさんものにできましたね。
羨ましいです。
Commented by HOUNOKI at 2014-05-05 23:59 x
こんばんは。
どの作品も、完成度が高く、美しいですね。
ひとり林内で、誰にも気兼ねのない撮影は、
確かに至福の時間ですね。
ヒメシロチョウの逆光撮影は、
この蝶を最大限に美しく見せるのに、
有効ですね。
私の手法と同じです。
Commented by cactuss at 2014-05-06 05:40
スミレ、カタクリ吸蜜とすばらしい写真ばかりですね。
一人で撮影できるのは今ではあまりないことで、本当に気持ちいいでしょうね。
逆光でのヒメシロチョウも美しいです。
Commented by 22wn3288 at 2014-05-06 09:14
ギフチョウもヒメギフチョウも綺麗ですね。
新鮮な個体に出会えて素晴らしいと思います。場所を良く知っていての成果でしょうか。
ヒメシロチョウも綺麗ですね。
このように撮ってみたいです。
Commented by ダンダラ at 2014-05-06 10:47 x
天気が悪かったのに、回復したとはよかったですね。
ギフ、ヒメギフとも吸蜜を撮影されて至福の一時だったのではないでしょうか。
交尾・産卵は残念でしたが、一人で撮影しているとそんなこともありますね。
私もよく経験しますが、逆の場合もあるので、そんなものだと割り切るしかないですね。
Commented by himeoo27 at 2014-05-06 19:13
遠征の甲斐あって、ギフ、ヒメギフ、ヒメシロ
という豪華な3種のチョウの吸蜜シーンお見
事です。
Commented by LUFFYY at 2014-05-06 19:38
おーっ!
流石です、3種撮り
でも、お天気と蝶
そんなに、楽じゃないですよね
でも、可能性のある場所で一人
私は、その環境、好きです!
Commented by konty33 at 2014-05-06 20:25
maximiechanさん 
今回撮影した個体はどれも赤が少なくて、全体的に黄色の印象が強かったです。
この日は高気圧に覆われて絶好の日和だと信じていたので、朝の曇り空には出鼻を挫かれました。
ただの朝曇りにしては雲行きが怪しかったですが、回復すると信じていました。
Commented by konty33 at 2014-05-06 20:30
HOUNOKIさん 
チャンスはおそらく皆さんより少なかったですが、ひとりだとチョウの向きに合わせて自由に撮影角度を変えられるのが嬉しいですね。
林の中と言っても歩けるようになった場所だったので障害物も少なく撮影しやすい環境でした。
シロチョウの仲間は逆光で狙うとなんとも言えない美しさを感じますね。
Commented by konty33 at 2014-05-06 20:38
cactussさん 
すぐ近くには沢山の方々がそれぞれ撮影されていましたが、林内だけは誰もいませんでした。
ここ2回続けてとても贅沢な環境で撮影させてもらえました。
あそこのヒメシロチョウはいないかな・・・と思うと何処からともなく数頭出てきてくれますね。
Commented by konty33 at 2014-05-06 20:42
22wn3288さん 
意外と両種ともに新鮮な個体に出会えました。
やはり時期がぴったりと合うと嬉しいですね。
有名な場所ですが、この日のチョウの飛ぶパターンを観察して撮影場所を決めました・・・・
なんて言ったらカッコ良いですが、運が良かっただけです。
Commented by konty33 at 2014-05-06 20:48
ダンダラさん 
高気圧が真上にある天気図だったので、いづれ晴れると信じていましたが、
朝の曇り空は予想外で参りました。
ひとりだけだと撮影は気兼ねせずできますが、自分だけが頼りなのでチャンスを逃すことは仕方ないですね。
まだ来年もありますし・・・こうしてギフチョウ達を眺めながら撮影できることが幸せです。
Commented by konty33 at 2014-05-06 20:53
himeooさん 
例年のGWなら、ギフチョウを追いかけて連日あちこちで撮影しますが、
今年は自宅に戻る必要があったので、とぎれとぎれの遠征になりました。
往復の時間と交通費がもったいないですが、それなりの成果があってよかったです。
Commented by konty33 at 2014-05-06 21:00
LUFFYYさん 
今年のGWは天気と所要を片付ける日をにらめっこしながらの苦しい日程でした。
今回は探索している暇がなかったので、かたい場所での撮影になりました。
このところ毎年通っている場所ですが、撮影できるかは時の運だとつくづ思いました。


<< 目の前を飛翔するクモマツマキに感動      チャマダラセセリは今年も健在で... >>