2014年 04月 23日
ミスジチョウとホシミスジの幼虫
4月19日 つづき  
ヒメギフチョウを昼過ぎに終了して・・・・「蝶の玉手箱」のcactussさんらと一緒に幼虫を見に行きました。
まずは、新芽が吹き始めたカエデの木でミスジチョウの幼虫を教えていただきました。
少し高いところのは、枝を引っ張ってコンデジで撮影しました。
e0224357_22534237.jpg

なかなかグロテスクですが、格好いいと思います。
この時期は摂食したあと枯葉の座に戻ってくるので、日中は枯葉にいるようです。
e0224357_22541088.jpg

ちょうど周りでは桜が満開だったので背景に桜を入れてみましたが、言われないと分かりませんね。
e0224357_22544515.jpg

100mmマクロで撮影するとこんな感じです。
幼虫の色合いがそれぞれ違うのも分かると思います。
e0224357_22561313.jpg


次に少し移動してホシミスジを見に行きました。
コデマリやシモツケよりは、ユキヤナギが多くて見つけやすいですね。
畑の墨にあるユキヤナギにはホシミスジの越冬巣が沢山ありました。
e0224357_2303694.jpg

顔を出したり引っ込めたりしている幼虫もいました。
e0224357_2311299.jpg

この時期の幼虫は5mm程度で、緑の葉が茂り始めているので慣れないと見つけられません。
e0224357_2335312.jpg

地元では完全に葉桜ですが、ここではちょうど満開だったので、目の保養に「しだれ桜」を一枚だけ・・・・
e0224357_23303474.jpg


この後も探索しながら帰りましたが、早朝出発の日帰りでしたから疲れました。
もう少し時間に余裕を持って出かけたいところです。

by konty33 | 2014-04-23 23:31 | 幼虫 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://konty33.exblog.jp/tb/21922758
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by cactuss at 2014-04-23 23:47
当日はいろいろと撮影できて、楽しかったです。
背景も考えて、きれいに撮影されていて、いいですね。
小生も少し考えないといけませんね。
Commented by yoda-1 at 2014-04-24 19:59
ホシミスジの幼虫のちょい顔出しがなんとも可愛いですね。
自然の中で見つける眼力にいつも敬服します。
Commented by さっちゃん♪ at 2014-04-24 20:45 x
こんばんは〜
幼虫・・・
これは 見つけることは出来ないですね〜^^;
難易度が高いです☆☆☆
でもこうやってみせて頂けると勉強になります
ありがとうございます^^♪
Commented by konty33 at 2014-04-25 06:29
cactussさん 
例年ならヒメギフだけしか撮影しないところ、今年はいろいろと幅げて頂いたので楽しかったです。
桜バックの写真は、もう少し引いて撮るなど工夫が必要でした。
その場の雰囲気を伝える写真も上手く撮れると良いのですが、まだまだです。
逆にあの小さなホシミスジの幼虫をアップにしたcactussさんの写真も素晴らしいと思いました。
Commented by konty33 at 2014-04-25 06:33
yodaさん 
ホシミスジはちょうど摂食が始まる時期だと思いますが、巣の外の様子を伺っていたのでしょうか。
顔を出したり引っ込めたりして面白いタイミングでした。
今回は教えてもらったのですが、いると分かればみつかるものです。
Commented by konty33 at 2014-04-25 06:39
さっちゃん♪さん 
幼虫まで興味がある人は少ないと思いますが、興味を持って捜すと誰でもみつかるものです。
ただ、最初は誰かに探し方のレクチャーを受けた方が良いですね。
これからも幼虫の撮影種類が増やせると良いなと思っています。


<< ヒメギフチョウの吸蜜と産卵      カタクリとヒメギフチョウ >>