2013年 10月 01日
透けた翅が美しいツマグロキチョウ秋型
9月29日
撮影対象が少なくなってきたこの時期に見たいのが、秋型のツマグロキチョウです。
翅の先が尖った秋型は、子供の頃にキチョウに混じって飛んでいるのを見つけるととても嬉しかった思い出があります。
舗装された道路と歩道の継ぎ目に生えるヒメクマツヅラのような花に吸蜜しているのを見つけました。
e0224357_20561627.jpg

背景にフェンスのネットや人工物が入らないように気を使いました。
e0224357_2128213.jpg

日中は、なかなか静止してくれず、吸蜜のタイミングが撮影チャンスです。
センダングサにも吸蜜してくれましたが、敏感で簡単には撮影させてもらえません。
e0224357_213348100.jpg

順光よりも翅が透ける逆光の方が雰囲気が出ます。
e0224357_21351411.jpg

手前の草をかき分けて、チョウに気がつかれないように近づきます。
e0224357_21352993.jpg

手前の花に止まってくれたのですが、手前の草が邪魔でバリアングル撮影ですが上手く行きました。
秋の柔らかな日光を受けて透ける翅の雰囲気が好きです。
e0224357_21354816.jpg




家内が買い物中の1時間半くらいの間に、ツマグロキチョウの観察が出来ました。
いろいろな生態を確認するには時間が短かすぎましたから、今度はゆっくりと観察してみたいと思います。

by konty33 | 2013-10-01 22:01 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://konty33.exblog.jp/tb/21143381
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by HOUNOKI at 2013-10-01 22:43 x
こんばんは。
ツマグロキチョウは、順光で撮ると、
単調な写真になりがちですが、
逆光は、透過光が美しいですね。
翅に、いろんな表情が出て、生き生きしています。
Commented by 22wn3288 at 2013-10-02 08:48
ツマグロキチョウが綺麗ですね。
逆光の姿も綺麗ですね。
この時期貴重なチョウですね。
今までのポイントが無くなったようで、何処かないかと探しています。
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2013-10-02 20:29
こんばんは。
同じチョウでも逆光で雰囲気が異なりますね。
透けた翅に品を感じました。
吸蜜も背景が綺麗にボケて素晴らしいです。
こんなシーンと写真が撮れるなら何回も行ってみたくなります。
Commented by ダンダラ at 2013-10-03 09:09 x
ツマグロキチョウはなかなか止まらず、撮影のチャンスがつかめないと思いますが、逆光での写真がうまくまとまっていますね。
撮影の時の雰囲気が感じられて素敵です。
Commented by konty33 at 2013-10-03 21:29
HOUNOKIさん 
なんだかシロチョウ科はいつも逆光を撮ってみたくなります。
透けた翅を見るのが好きなので、それを保存しておきたくなるんですね。
この地のツマグロキチョウは裏の模様の変化が少ないのが残念です。
Commented by konty33 at 2013-10-03 21:33
22wn3288さん 
今回はツマグロキチョウだけを撮影しましたが、逆光のキタキチョウも綺麗でした。
帰ってから、キタキチョウもきちんと撮っておけば良かったと後悔しています。
いつもの場所では見られなかったので、今回はプチ遠征して撮りました。
Commented by konty33 at 2013-10-03 21:37
MIYAKOUTA5040さん 
順光と逆光では随分感じが違いますね。
kontyはシロチョウ科の逆光大好き派なので、透けた翅を見ると嬉しくなります。
結構敏感で何回も逃げられながらチャンスを待ちました。
Commented by konty33 at 2013-10-03 21:41
ダンダラさん 
確かに一度飛び始めるとなかなか静止してくれませんね。
その中でも時々静止している個体もいました。
ただ、草の中で静止するので、良い感じの撮影には困難を伴います。
やはり、吸蜜がチャンスでした。特にヒメクマツヅラ?は飛んでもすぐに戻ってきて吸蜜していました。


<< 蟻と共存するムラサキツバメの幼虫たち      チャバネセセリの産卵と卵 >>