2013年 06月 20日
クモツキの魅力はやはりオレンジ?
6月9日
朝から快晴の絶好の天気となり、気分良く南アルプス山麓の山道を走りました。
この日の狙いは、南アルプスのクモマツマキチョウですが、期待が持てる気がしました。
前回は、オレンジの♂しか見ることができなかったので、今回は♀も見たくて再チャレンジです。
ポイントに到着すると同時にオレンジがお出迎えに飛んで来て目の前で吸蜜してくれました。
e0224357_19442952.jpg

その後も2,3頭のオレンジが飛び出して絡み合うなど贅沢な場面を何度か見ることができました。
しかし、この日は気温が高いのかすぐに吸蜜することがなくなってしまったので・・・・ポイントを移動して・・・・
雪渓の横の斜面で時々吸蜜する場所を見つけました。
そこによじ登り、待っていると狙い通り時々飛んできて吸蜜してくれました。
ストローを抜いたとき伸びきった状態がだらしなくて面白いと思いました。
e0224357_19471387.jpg

しかし、ここでも時間と共に飛んでこなくなり、またまたポイント移動です。
崖の下の方では♀が吸蜜しているようだったので、降りられそうな場所から斜面を降りてみると・・・・・
e0224357_195254100.jpg

♀を撮影するのは今年初めてですが、100mmマクロで撮影できる場所を見つけラッキーです。
e0224357_19534589.jpg

e0224357_19592374.jpg

e0224357_19593845.jpg

午後の吸蜜時間帯には、再び♂が斜面のテラスのハタザオに吸蜜するようになりましたが、300mmでやっとの距離でした。
e0224357_2025358.jpg

何処で吸蜜するか分からないので、行ったり来たり追いかけ続けて疲れはてました。
また、撮れても見下ろすような感じなので、背景が抜けるようには撮れません。
ハタザオの近くに飛んできたところの飛翔も偶然写っていました。ストローが可愛いですね。
e0224357_2043153.jpg

斜面の下から見上げて撮影した中に、背景が抜けた写真もありました。
逆光気味に透けたオレンジはとても美しく、やはり♀より♂が魅力的でしょうか。
e0224357_2081258.jpg

山奥なので帰りの時間を心配しながら、まだオレンジが飛んでいるのに帰ることにしました。
♀の産卵シーンは見られませんでしたが、既にオレンジ色になった卵をいくつか見つけることができました。
e0224357_20135370.jpg

コンデジで撮影したのですが、別の卵をトリミングしてみるとこんな感じです。
e0224357_20144734.jpg


番外編ですが・・・石灰岩質の場所に自生するムシトリスミレです。
花はスミレに似ていますが、分類的には全く違うようで、葉の表面の粘液で虫を捕らえ消化吸収するそうです。
e0224357_20231319.jpg

更に珍しいとされるホテイランも見られました。
苔の多いところに生えているようで、この花を見たくて訪れるファンも多いようです。
野生ランのなかでは美しいとされ、根元に小さな葉が1枚だけ付いているのも特徴です。
e0224357_2027094.jpg




こうして、今年の南アルプス産のクモツマキチョウ第2弾は順調に終了しました。
晴天のもと深くて高い周りの山々や雪渓の谷や滝、そして珍しい植物・・・・とクモツキ以外も十分楽しめました。
来年は、産卵と交尾・・・・・・なんて夢見ながら帰途につきました。

by konty33 | 2013-06-20 21:05 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://konty33.exblog.jp/tb/20684941
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by maximiechan at 2013-06-20 21:45
蝶も花も素晴らしいですね。
実は私はその前の週に行こうかどうか迷っていました。
結局は私事や仕事での疲れが溜まっていたので諦めましたが。
天気やスケジュールがうまくいったら来年は是非オレンジを拝みたいです。
Commented by HOUNOKI at 2013-06-20 21:53 x
クモマツマキチョウ、オスもメスもよく撮れていますね。
背景の抜けた、すこし逆光気味のオスの写真が印象に残りました。
まさか、憧れだったホテイランが出てくるとは、うれしいですね。
Commented by 22wn3288 at 2013-06-21 08:38 x
素敵なポーズのクモマツマキチョウですね。
素晴らしいです。
南アの特徴も良く分かります。
何より美しいです。
Commented by konty33 at 2013-06-21 20:35
maximiechanさん 
ちょうど適期だったようで、天気も良く楽しい一日が過ごせました。
週末に晴天にならないとNGなので、タイミング良く訪問するのが難しいですね。
kontyも繁忙な日々で、思うように出かけられなかったり、平日の夜も時間がなくて困っています。
今回は、前回の場所とは違いますが、来年はまた違った場所も探索してみたいです。
Commented by konty33 at 2013-06-21 20:38
HOUNOKIさん 
個体数は期待以上にいたのですが、撮影機会は少なかったです。
急斜面のハタザオで吸蜜するクモツキを遠くから眺めていることが多かったです。
背景が抜けた写真が、スッキリしていて良いですよね。
ホテイランをご存じでしたか。綺麗で可愛らしい野生ランですね。
Commented by konty33 at 2013-06-21 20:41
22wn3288さん 
いろいろなポーズをとってくれるのですが、遠くて思うような写真にするのは難しいです。
今年は南アに填っていますが、来年も通うことになりそうです。
やはり、オレンジの綺麗な♂に軍配でしょうか。
Commented by himeoo27 at 2013-06-22 20:50
クモツキ♂の舞う姿を1度見て病みつきになりました。
まだ吸蜜シーンすら写していないので何時の日か必ず
撮影してみたいです。
Commented by konty33 at 2013-06-23 21:56
himeooさん 
この蝶の魅力は、生息環境の素晴らしさや珍しさに加えて、オレンジの綺麗さですね。
他にないオレンジが青空や雪渓を背景に飛翔する姿は忘れられません。
天気の良い日に良いタイミングで行ければ、いろいろな姿を見せてくれると思います。


<< ジョウザンシジミの産卵と吸蜜      ミドリシジミとウラクロシジミの開翅 >>