2013年 06月 10日
ウラゴマダラシジミの産卵ほか
6月2日
ヒメヒカゲを見に行った日の夕方です。
自宅付近を車で走っているときウラゴマダラシジミがフワフワとイボタの周りを舞っているのが目にとまりました。
このあたりはイボタは多いのですが、農薬の空中散布などの影響でウラゴマは最近滅多に見ません。
暫く見ているとイボタの枝に静止すると奥に歩きながらお尻を曲げていました。
e0224357_21636.jpg

しかし、いつまで経っても同じ枝を左右に歩いているだけで産卵は始まらないようでした。
e0224357_2173198.jpg

暫くしてやっと産卵が始まったようです。(本当に産卵しているか影でよく見えませんでした)
e0224357_2194433.jpg

驚かさないように産卵が終わるまで見守りました。時間は5時20分頃でした。
飛び去った後、枝を確認してみる・・・・・予想通り真っ赤でしっとりと瑞々しい卵が5卵見つかりました。
e0224357_21102479.jpg

産卵の後、フラフラ近くを飛んでいましたが、そのうち何処かへ行ってしまいました。
家に近いところなので、来シーズンはこの卵の孵化や幼虫を観察できそうです。



話は前後しますが、ヒメヒカゲの観察に行く道中でミズイロオナガシジミを見ることができました。
e0224357_21155167.jpg

最初は、下草に静止していましたが、翅が上手く撮れなかったので飛んで貰いました。
他にも見つけることができ、全3個体見つかりました。
e0224357_2116132.jpg

そんなにコナラやクヌギが多いわけでもないのに、静岡県内でもいるところにはいるのだと思いました。
e0224357_21175337.jpg



この日は、期待していなかった平地性ゼフ2種類が観察できました。
次回は、ゼフの醍醐味であるミドリに輝くゼフの翅表を期待したいところですね。

by konty33 | 2013-06-10 21:25 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://konty33.exblog.jp/tb/20635300
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 22wn3288 at 2013-06-11 08:10 x
ウラゴマダラシジミの卵は詳しく見ると、複雑な細かい凹凸がありますね。普通のマクロでは見えない先にもう一つ自然の精妙を見せて頂きました。
Commented by ダンダラ at 2013-06-11 11:05 x
農薬散布をくぐり抜けて無事に発生が続くと良いですね。
ウラゴマダラシジミ、成虫を撮っているときには、とても卵までは手が回りませんが、シャープに撮れていてびっくりしました。
Commented by himeoo27 at 2013-06-11 20:53
産卵直後の朱色のウラゴマダラシジミの卵
拡大すると綺麗ですね!精密機械の歯車
のような形状も素敵です。
Commented by konty33 at 2013-06-11 21:45
22wn3288さん 
ウラゴマの卵は何故かピントが合いやすく適当に撮影しても綺麗に見えます。
この複雑な凹凸が撮影しやすい原因かも知れません。
産みたてなので、古い卵より細かい凹凸がしっかり見えるような気もしますね。
Commented by konty33 at 2013-06-11 21:52
ダンダラさん 
もう20年以上続いているヘリコプターによる農薬散布ですが、今年は時々見る機会があります。
たまたま、今年は当たり年かも知れませんが、来年以降も見られると良いと思います。
この卵はデジカメ(リコーGRD)で簡単に撮影したものをトリミングしています。
ストロボも使用していますが、この卵は撮りやすい気がします。
デジイチ100mmマクロでも撮影しましたが、コンデジの方が写真の出来が良かったです。(笑)
Commented by konty33 at 2013-06-11 22:00
himeooさん 
古い卵は角がとれたりして、シャープさが失われて行くような感じがしますが、
この卵は、産みたてなのでより精密に見えるように思います。
この赤さもだんだん色褪せて行くのでしょうね。
Commented by cactuss at 2013-06-11 22:45
ウラゴマダラシジミの卵はビッシリ産まれていますね。
複雑な模様は本当に芸術的ですね。
これも深度合成したものでしょうか。
Commented by konty33 at 2013-06-12 07:05
cactussさん 
細い枝のわりに沢山の卵を産みつけたと思います。
ウラゴマの卵の造形はまさに芸術的ですね。
コンデジで撮影して画面を1/4くらいにトリミングしたもので深度合成はしていません。
コンデジでもこれだけ綺麗に撮れるのは驚きですが、ウラゴマの卵だけは何故か綺麗に撮れます。
Commented by HOUNOKI at 2013-06-12 20:12 x
白くてシンプルな模様のウラゴマダラシジミから、
赤くて複雑な形の卵が生まれるのは、
自然界の不思議ですね。
どこかで、いちど見てみたいものです。
Commented by konty33 at 2013-06-13 22:22
HOUNOKIさん 
仰るように白い蝶なのに真っ赤な卵を産むのは面白いものですね。
この卵の模様もいつ見ても不思議な造形です。
これまで何度か見てはいますが、暗いイボタの茂みに入り込むので撮影するのが大変かも知れません。
今回は小樽の運河の宿のパソコンをお借りしてレスしました。


<< ミドリシジミとウラクロシジミの開翅      ヒメヒカゲ 眼状紋いろいろ >>