2013年 05月 08日
ウスバシロチョウ飛翔とツバメシジミ卵
5月4日
GW後半は、好天で気温も上がりそうな予報だったので、渋滞を避けて交通量の少ない一般道で北に向かいました。
まず、県内の山沿いにウスバシロチョウがいたので飛翔を練習してみました。
e0224357_20112865.jpg

偶然ピントが合ったのですが・・・・広角にも拘わらず、どうしても画像の隅に被写体が来てしまいます。
景色は良いところなんですが、ススキの枯葉が邪魔でしたね。
そこで、ススキを綺麗に整理して再挑戦です。
e0224357_20145182.jpg

道路下が崖なので背景は抜けて良い感じですが、走って追いかけるわけには行きません。
ただ、目の前に飛んでくるのを待って置きピンでシャッターを切るだけですから、簡単なはずですが・・・・
崖下から上がってきて目の前を通過するウスバシロチョウは多くはありません。
e0224357_20203283.jpg

飛翔は沢山撮ったのですが、歩留まりの悪さは相変わらずでした。

ずっとフワフワ飛び回っているだけでしたが、1頭が急に目の前のドウダンツツジに吸蜜してくれました。
広角しか持っていませんでしたが、夢中で吸蜜しているので接近して撮影しました。
e0224357_20305644.jpg

頭を花に突っ込んで顔が見えない写真が多かったですが、ストローが見えるアップ画像も・・・
e0224357_20321351.jpg

飛翔撮影に夢中で・・・・いつの間にか随分時間が経ったことに気づき、次のポイントに向かいました。

さて、次のポイントでは、ミヤマカラスアゲハなどを渓流沿いで撮影する予定でしたが・・・全くいません。
久しぶりに来たので状況が分からず、何が悪かったのか分かりません。

代わりに渓流の入口近くに飛んでいたツバメシジミを撮影しました。まずは♂の開翅です。
e0224357_20402971.jpg

いろいろな花で吸蜜していました。
e0224357_20433332.jpg

e0224357_20441289.jpg

この時期は、翅表が青っぽい♀が普通のようです。
e0224357_20482130.jpg


♀が産卵していましたが、もう一つ上手く撮影できませんでした。
e0224357_20491532.jpg

産卵を確認できたので・・・・卵をしっかり観察するチャンスですが、産みたては少し青緑っぽく見えました。
e0224357_20524538.jpg

他に撮影するものもないので、時間をかけて超接写でも撮影してみました。
e0224357_20534650.jpg

昨年、秋に撮影したヤクシマルリシジミの卵と似ているように感じました。

暖かで絶好の天気でしたが、何故か狙いの黒系アゲハは撮影できませんでした。
この日は、ウラゴマやベニモンの幼虫や蛹の確認もしましたので、ネタ切れの時にでも紹介します。
この後、一般道の山越えで信州に向かいましたので、その成果は次回紹介します。

by konty33 | 2013-05-08 21:59 | アゲハ類 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://konty33.exblog.jp/tb/20455779
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yoda-1 at 2013-05-09 07:24
おお、この飛翔は絵になっていますね。
ツバメシジミの一連の画像も素晴らしいです。
卵もそうですが、やはり成虫撮影時のEF100mmマクロが欲しくなってきました。
Commented by HOUNOKI at 2013-05-09 16:22 x
3枚目のウスバシロチョウの飛翔が
決まってますね。
背景に山があった方が蝶が浮き立ちます。
ただ、計算できない、もどかしさがありそうですね。
Commented by ほっとひといき at 2013-05-09 16:38 x
背景に小山が有るだけで蝶が浮いて見えますね…

ハルシオンに留まっている蝶々の顔が
何とも可愛いです。

愉しませて頂きました有り難うございました。(^.^)/~~~
Commented by konty33 at 2013-05-09 20:13
yodaさん 
飛翔撮影がプロ級のyodaさんにそう言っていただけると嬉しいです。
100mmマクロは是非購入すべきと思いますが、これまでと撮影スタイルが代わり、暫く違和感があるかも知れませんね。
kontyは連写の早いカメラが欲しいような・・・・。
Commented by konty33 at 2013-05-09 20:19
HOUNOKIさん 
ウスバシロチョウの飛翔撮影は、初心者向けにはピッタリだと思いました。
それでも、ジャスピンで背景も狙い通りとは行きません。
まだまだ、歩留まりが悪すぎですが、満足の写真が撮れると嬉しいので、少しずつ練習してみたいです。
Commented by konty33 at 2013-05-09 20:29
ほっとひといきさん
背景との距離があるので、手前のチョウにジャスピンだと気持ちが良い写真になるかと思いここで挑戦しました。
ところが、ジャスピン画像が撮れなくて・・・・・ (涙)
ハルジオンのツバメシジミも雄(♂)は綺麗な翅表の可愛いチョウです。
Commented by maximiechan at 2013-05-09 21:05
枯れ薄は全然邪魔していないと思います。
私個人としては1枚目の広角が断然好く感じます。
ドウダンツツジでの吸蜜以下のツバメシジミも含めてですが、どれも爽やかな春を感じさせる素敵な写真です。
ツバメシジミの卵は私も昨年秋に撮影しました。やはり同じような色でした。
Commented by konty33 at 2013-05-09 23:02
maximiechanさん 
枯れススキも邪魔ではないでしょうか。
1枚目は躍動感があって良いかもしれません。
GWはいつもギフチョウばかり追いかけていましたが、こうした身近なチョウも良いと感じました。
産みたての卵はこんな色で、その内に白くなるんですよね。
Commented by 22wn3288 at 2013-05-10 08:16 x
ウスバシロチョウはゆっくり飛ぶようでも、飛翔は難しいですね。
私はススキの残っている1枚目がいいと思いました。
卵は相変わらずお見事、見せて頂きました。
Commented by konty33 at 2013-05-10 20:06
22wn3288さん 
仰るとおりで、フワフワとしているときは翅が平行になってしまうし、カメラを近づけようとすると方向を変えるし・・・・
初心者向けとは言え、見えた目よりは難しかったです。
今後も卵を写せる機会があったら撮り続けたいですが、撮影には時間が掛かるので最盛期は忙しく難しいかも知れませんね。


<< チャマダラセセリの交尾に感激!      ウスバシロチョウの吸蜜と交尾 >>