2013年 04月 22日
寒い曇りの日 ギンイチモンジセセリなど
4月20日
例年、この時期はギフチョウを追いかけて各地に遠征するのですが・・・・・
この日は生憎の曇り空で、しかも大幅に気温が下がったのでギフチョウは飛ばないと考え遠征は諦めました。

曇りでも確実に見られるギンイチモンジセセリを見に三河地方まで行くことにしました。
ギンイチモンジセセリは、以前は自宅付近でも見られたのですが、最近はまったく見られなくなりました。
静岡県内でも見るのが難しくなったと感じる種ですが、ここではごく狭い範囲で生き残っていました。
e0224357_2145321.jpg

曇りだとずっと静止しているようで、軽く草むらを刺激してやると飛び出しますが、すぐに近くに静止します。
e0224357_2154020.jpg

殆ど飛ばないので撮影はし易いのですが、開翅もしないし画像に変化がありません。
おとなしいので近づいて広角でも容易に撮影できます。
e0224357_21689.jpg

こんな感じのススキの枯れ野原で、適当な草丈のところに多いようです。
ムリヤリ飛ばしたら黄色の花の上に止まりましたが、吸蜜したいわけではないようです。
e0224357_217090.jpg

少し背の高い枯れ穂の上に静止してくれました。背景がスッキリして良い感じです。
e0224357_2173112.jpg

広角で撮影するとこんな感じです。
e0224357_2174656.jpg

反対側に回って、背景を変えてみました。
e0224357_2175848.jpg

近くの違う穂にも移動して・・・・
e0224357_219484.jpg

同じような写真ばかりで「もう飽きた・・・」と声が聞こえそうなのでこれくらいにしておきますが、
もう少し早い時間に行けば、薄陽もさして開翅していたようなので、残念でした。
1時間ほどでこの地の撮影は終了し、心当たりを見て回りますが何も飛びません。


最後に寄った場所では、道路脇のカラムシにアカタテハの幼虫が沢山いました。
e0224357_21251846.jpg

この折りたたんだ葉の中に全部幼虫がいます。
失礼して少し開いてみると・・・・・ほら、この通りです。
e0224357_21262479.jpg

若齢幼虫は若葉がでる場所に小さな巣を作ります。小さな巣のひとつひとつに幼虫がいました。
e0224357_21275311.jpg

1cmくらいの小さなものから終齢幼虫までいろいろ見られましたが、人里近くの道路脇の方が多いようでした。

結局、夕方には雨が降り出し一日が終了しました。
本当だったら、トラフシジミやツマキチョウ、ウスバシロチョウなどが・・・・と期待していたのですが・・・・
やはり、天気が悪く気温も急激に下がったので厳しいですね。

by konty33 | 2013-04-22 22:06 | セセリ類 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://konty33.exblog.jp/tb/20350473
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by HOUNOKI at 2013-04-22 22:52 x
これらの写真を見るかぎり、
ギンイチモンジセセリは、同じような姿勢で
じっとしているようですね。
撮影は、そんなに難しくないようですね。
やはり、翅を開かないと単調になりますね。
いちどは、撮影してみたい蝶ですが。
Commented by 22wn3288 at 2013-04-23 08:18 x
枯れ穂に止まるギンイチモンジセセリがいい情景です。
バックがすっきりしてとても良いですね。
東三河でも生息地は少ないようですので、大切にしたいですね。
Commented by ダンダラ at 2013-04-23 13:35 x
曇りの日のギンイチモンジセセリはおとなしくて良いモデルですね。
その分動きがないですが、晴れていても吸蜜以外に止まるのはこんな感じですから、しっとり落ち着いて良い雰囲気だと思います。
Commented by konty33 at 2013-04-23 19:26
HOUNOKIさん 
曇りだとおとなしくて撮影は楽ですが、動きがない分どうしても同じようになってしまいます。
天気が良いと開翅や吸蜜がいっぱい見られるでしょうね。
新鮮な個体が飛ぶとこげ茶の翅表にも惹かれると思いますよ。
Commented by konty33 at 2013-04-23 19:31
22wn3288さん 
背の高い穂の上で静止したときは、背景が広がるのでラッキーと思いましたが、
場所が分からない程度に背景をぼかして撮影し直し掲載しました。
とても狭い範囲の様子だったので心配ですが、いつまでもこの環境が残ればいいと思います。
Commented by konty33 at 2013-04-23 19:38
ダンダラさん 
何処にいるのか全く分からないくらい飛びませんね。
もう少し上手く撮るバリエーションが無いと淋しいですが、確かに曇りだとしっとりとした感じになります。
これまでは富士山麓などで見ていましたが、都会に近い河川敷でも生き残っていることに感心しました。
Commented by hemlenk at 2013-04-23 20:33
曇りの日のほうが、独特の一文字が綺麗に撮れますね。
気温の低い晴れた日は、なかなか裏面を撮らせてくれないですし、曇りの日のほうが色合いもいい感じです。(=^・^=)
なかなか吸蜜シーンが撮れなくて困ってしまいます(^_^;)
Commented by MIYA KOUTA at 2013-04-23 21:35 x
こんばんは。
天気の悪かった週末、どうも考えることは同じようでして、
私も次の日にギンイチモンジを探しにでかけました。
撮影場所も同じかもしれません。
背景がうまくぼけて、綺麗な写真が素晴らしいですね。
こんな環境がいつまでも残って欲しいものです。
Commented by konty33 at 2013-04-23 23:20
hemlenkさん 
仰るとおりで開翅する時は、裏が撮り難いときがありますね。
いつも良く撮っていた富士山麓では、曇ったり晴れたり忙しいので、両方とも上手く撮れたような気がします。
吸蜜シーンは、今回は絶対ムリだと思いましたが、いつもも苦労しています。
Commented by konty33 at 2013-04-23 23:25
MIYA KOUTAさん 
貴殿もギンイチ撮りに行きましたか。
同じ場所か分かりませんが、近いところのようですね。
他にも何か写真が撮れると思って出かけましたが、気温の低下も影響してか全くNGでした。
kontyの自宅近く生息地も今は全滅しましたから、この場所も保護しないと難しいかも・・・・と心配になりました。


<< 雨上がりのツマキチョウ      南信のギフチョウ >>