2012年 12月 26日
忘年探蝶会 その3 ウラゴマ卵塊
12月23日
この日はとても良い天気でしたから、今年最後になるかも知れないと思いながらフィールドへ出かけました。
なにか成虫が飛ばないかと思いながら何となく走っているといつしか愛知県まで行ってしまいました。
環境が良さそうな場所でイボタノキを見つけたのでウラゴマダラシジミの卵を探してみるとすぐに見つかりました。
e0224357_22231371.jpg

ここは、初めての場所だったのですが、丘陵が近い平野部の林縁なのでイメージにピッタリです。
e0224357_22275240.jpg

いずれも木が大きいので上の方は見ませんでしたが、太めの幹や枝から見つかりました。
e0224357_22284915.jpg

これらの写真は、修理から戻ってきたばかりのGRD-Ⅳで撮影し適当にトリミングしたものです。
これまで、ストロボ撮影が多かったのですが、今回はLEDライトを補助光として使用しました。
やはり、このカメラのシャープな画像はコンデジの中ではピカイチだと思います。

因みに、先日違う場所でデジイチの超接写でも撮ったものはこんな感じです。
e0224357_22363088.jpg

色が赤っぽく写っていますが、卵は確かにかなり赤が強い印象でした。
ストロボ光の使い方のまずさもあり、画像のシャープさはもう一つに感じました。


今回は、これと言った目標がない状態で何となく出かけたのでウラゴマの卵しか見つかりませんでした。
一応初めての場所ですから、kontyにとっては新たな発見ですが、これだけでは淋しいですね。
やはり、この時期の成虫探しは難しそうなので、次回からは当分卵か幼虫探しになりそうです。

by konty33 | 2012-12-26 23:02 | | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://konty33.exblog.jp/tb/19415538
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 22wn3288 at 2012-12-27 08:25
ウラゴマダラシジミの卵はヤクルリやミドリシジミの卵とはかなり異なっていますね。
いろいろな種類の卵を見るのは楽しそうですが、その反面寒くて大変そうです。
Commented by cactuss at 2012-12-27 20:49
初めての場所でちゃんと卵を見つけるとはすごいですね。
ウラゴマダラの卵は本当に変わった形をしていますね。
Commented by HOUNOKI at 2012-12-27 22:48 x
ウラゴマダラシジミの卵の形が
なぜか、木製の歯車に見えてきました。
まさかと思い、この歯の数を3個選んで
数えてみました。
なんと、すべて歯が31でした。
偶然か必然か、自然界の造形の精巧さには
驚きです。
Commented by konty33 at 2012-12-28 20:49
22wn3288さん 
この卵は独特の形をしていますから、他のとの違いがすぐ分かると思います。
この日の気温は10℃ほどあり、日差しもありましたから寒いと言うことはありませんでした。
細い枝先の分岐に産卵されたものと違い、今回は卵塊でしたから、あればすぐに分かります。
Commented by konty33 at 2012-12-28 20:54
cactussさん 
ウラゴマはこちらでは多いですから、良い環境にイボタノキがあれば確率が高いようです。
日本では、これと同じような形の卵は他にないのでしょうね。
コンデジでもこれだけ詳細の形が写せるとは思っていませんでした。
Commented by konty33 at 2012-12-28 21:00
HOUNOKIさん 
言われてわかりましたが、確かに色合いからも木製の歯車ですね。
良く歯の数を数えましたね。確かに31枚の歯がカウント出来ました。
この模様にどういった意味があるのかわかりませんが、自然の造形には感心させられます。


<< 忘年探蝶会 その4 コムラサキ...      忘年探蝶会 その2 ヤクルリと... >>