2012年 12月 15日
ゴマダラチョウの越冬幼虫
12月14日
このところ全くフィールドに出る暇がなくブログもご無沙汰しています。
この日は、検診のために年休を取ったのですが、まだ陽が高い時間に開放されたので帰りに寄り道しました。
河原のエノキを探してみると根元に貯まった葉にゴマダラチョウのの幼虫を見つけることが出来ました。
e0224357_92152100.jpg

いつも使用しているGRD-Ⅳは、ピントが合わなくなってしまい修理中なので・・・・・自然光のままGX-100で撮影しました。
なんだか色合いがもう一つな感じです。
e0224357_9243872.jpg


今年の秋はゴマダラチョウが少なかったのですが、例年と変わらず越冬幼虫が確認できたので一安心です。
この地方の冬に特有な「遠州のからっ風」もない穏やかな天気でしたが、夕暮れは早いですね。
あっと言う間に薄暗くなり帰途につきました。

by konty33 | 2012-12-15 09:47 | 幼虫 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://konty33.exblog.jp/tb/19359896
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2012-12-15 19:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ごま at 2012-12-15 19:30 x
大昔、積雪のまえに探しに行ったのを思い出します。
当時は札幌にいました。幼虫は沢山見つかりましたが殆どがオオムラサキでした。ゴマダラだと大当たりって感じでした。懐かしいです。
チャンスがあったらちゃんと写真を撮りたいです。
Commented by konty33 at 2012-12-15 22:09
鍵コメさん 
今年はどうしたのでしょうね。状況が良くないのようなので諦めるしかないですね。
来年を楽しみにしています。ご連絡ありがとうございました。
Commented by konty33 at 2012-12-15 22:22
ごまさん 
北海道では少ないようですね。kontyも子供の頃に愛知で探したことを思い出します。
オオムラサキはもう少し北の方に行かないと見られないのですが、
ゴマダラチョウは少ないながら、この付近の平野部でも見られる身近な蝶です。
成虫を滅多に見ないところでも幼虫が見つかることがあるので面白いです。
Commented by 22wn3288 at 2012-12-17 19:03 x
幼虫を見ることが少ないので、ゴマダラチョウの幼虫も始めて見ました。
見つけにくい色、姿ですね。
良く見つけられますね。
卵もそうですが、何時も感心して見ています。
Commented by konty33 at 2012-12-17 22:03
22wn3288さん 
ゴマダラチョウの幼虫は、成虫がいた近くのエノキの根元で必ず見つかります。
ポイントは根元に枯葉が堆積するエノキを探すだけです。
コムラサキと比べるとかなり大きいので見落とすことはありません。
この時も15分くらいで3つ見つけて撮影し、元通りに枯葉を掛けてやりました。


<< ミヤマシジミの卵探し      東京見物?と日本チョウ類保全協... >>