2012年 10月 12日
ヤマトシジミとカタバミ
10月6日
ヤクルリやチャバネセセリを撮影したとき、途中の道端にカタバミが綺麗に咲いていました。
e0224357_2162749.jpg

カタバミは大都会でも普通に見られるのでしょうが、良く見ると可愛い花です。
このカタバミがあれば必ずいるのがこれをを食草とするヤマトシジミですが、何処でもいるので一番身近な蝶です。
ヤマトシジミを撮影する機会は意外と無いので今回撮影してみました。♂の吸蜜ですが開翅はしてくれませんでした。
e0224357_21101289.jpg

e0224357_21112425.jpg
e0224357_21115346.jpg

小さなカタバミの花に吸蜜するのを撮影していると目の前で♀が産卵しました。
e0224357_21182740.jpg

すかさず産卵直後の卵を撮影しました。
e0224357_21194059.jpg

超接写でも撮影して見tましたが、風と手ぶれでピントが甘いです。
e0224357_21201577.jpg

この♀は翅表が凄く青かったので開翅を待ちましたが無理でした。
e0224357_21222689.jpg

産卵しては暫くカタバミの吸蜜が続き、休憩してはまた産卵していました。
e0224357_21241859.jpg

交尾も見つけましたが、撮影した直後に別れてしまいました。
e0224357_21435889.jpg


この日、自宅に帰って庭のカタバミを探すと幼虫が見つかりました。
e0224357_21251162.jpg

大きさは2mmくらいです。
e0224357_21255548.jpg



ヤマトシジミもこれまでゆっくり撮影したことが無かったのですが、良く見ると綺麗な蝶です。
今回見られなかった新鮮な♂や低温期の♀の開翅や未撮影の蛹も探してみたくなりました。




以下は番外編です。
この日のヤクシマルリシジミの写真をチェックしていると少し前翅の斑紋の少ない個体が見つかりました。
e0224357_2128974.jpg

比較に普通の個体を載せておきます。前翅の外周の内側の斑紋が違います。
e0224357_21481273.jpg

過去の写真を見比べていると色々な紋の個体がいることに気がつきました。
2年前に撮影したもので、前翅内側の紋が小さめで数も少なめ?の個体です。
e0224357_21541698.jpg

今後も注意深く観察してみたいです。

by konty33 | 2012-10-12 21:09 | シジミ類 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://konty33.exblog.jp/tb/19026572
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by HOUNOKI at 2012-10-12 22:27 x
よく見かける蝶ですが
いろんな姿を見せてくれますね。
撮り方によっては
新鮮な写真になる可能性もありますね。
交尾や産卵の姿も
じっくり撮影してみたい対象ですね。
ツマグロヒョウモン、キタテハ、ヒメアカタテハ、
ウラナミシジミなども新レンズのテストを
かねて撮影しようかなと思っています。

Commented by himeoo27 at 2012-10-14 12:17
上から2番目の♂の表翅がほんの僅か見えて煌めいて
いる写真良いですね!この時期♂♀とも綺麗なので狙って
いますが、ヤマトシジミなかなか上手く撮れません・・・・・
Commented by konty33 at 2012-10-14 20:44
HOUNOKIさん 
自宅の庭にも飛んでいますが、カタバミも少なく吸蜜も一瞬なのでなかなか撮れませんでした。
しかし、ここでは新鮮な個体がゆっくり吸蜜してくれたのでチャンスでした。
日頃は撮影しない普通種もレンズテストも兼ねてじっくりと狙ってみて下さい。
Commented by konty33 at 2012-10-14 20:54
himeooさん 
新鮮な♂の翅表は意外と綺麗ですね。
本当はV字開翅を撮りたかったのですが開翅する個体はいませんでした。
好天の日中はあまりゆっくり静止してくれないような気がします。
午前中の早い時間が狙い目かも知れませんね
Commented by 22wn3288 at 2012-10-15 08:26 x
ヤマトシジミは良く観察することが少ないですが、意外と綺麗ですね。
ヤクルリの斑紋は気がつきませんでした。
これから注意して見て見ます。
Commented by konty33 at 2012-10-15 21:30
22wn3288さん 
新鮮な内に撮影チャンスがあれば良いのですが、いつも飛んでいるイメージがあるので撮影機会は少ないですね。
本当は、もっとゆっくり観察すべきなんでしょうが、いつでも撮れると思ってしまいます。
ヤクルリは、夏と秋でも全体的な模様の感じが変わりますが、前翅の紋はこれまでkontyも意識していませんでした。
Commented by yoda-1 at 2012-10-17 19:17
ヤマトシジミの卵はYODAも早く見つけて撮影したいものです。
ヤクシマの斑紋変化もいろいろあるのですね。
本当に誰かが消しゴムで消したような感じが面白いです。
Commented by konty33 at 2012-10-17 21:21
yodaさん 
今日たまたま見つけたのですが、ヤマトシジミの卵は、会社の緑地にも沢山ありました。
会社では撮影できませんが、公園などで何頭か飛んでいれば簡単に見つかります。
ヤクルリの斑紋の変化も気をつけてみると色々あるようです。
デジタルだと斑紋を消すことも簡単ですが、これは本当に紋無しでした。


<< クロツバメシジミの異常紋 二番煎じ      センダングサに集まる秋の蝶たち >>