2012年 08月 28日
ヒメシロチョウの透けた翅
8月25日と26日
この週末は、夕方と朝の2回にわたり信州のヒメシロチョウを観察しました。
例年は夏型を8月初旬に撮影するのですが、今年は少し遅めのこの時期になってしまいました。
各種高原のタテハを観察した日の夕方に、ヒメシロチョウの生息地に移動しました。
e0224357_20394168.jpg

人家や畑の周囲で場所を替えては生き続けるようですが、この小さな荒れ地では個体数が多いようです。
食草のツルフジバカマに吸蜜する姿も見られました。
e0224357_20444521.jpg

お見合いをするような求愛行動も何回か見かけました。
♂は積極的には行かないようですが、♀は翅をばたつかせて拒否しているように見え交尾は成立しませんでした。
e0224357_20474257.jpg

産卵するところも観察できました。逆さまになってお尻を丸めて産卵します。
e0224357_20492023.jpg

この場所では、よく静止してくれたので色々な場面が撮影できましたが、翅表も偶然・・・。
e0224357_2053518.jpg


この日は、これくらいにして・・・・ 翌朝、夜露をまとった様子を見たくて再訪しました。
ルッキングではなかなか見つからず、結局飛ばしてしまいましたが、少し露がついた姿を見ることができました。
e0224357_20544192.jpg

朝日を浴びての逆光も綺麗でした。
e0224357_20564035.jpg

先に水滴がついたスギナが朝日に輝き綺麗でした。
e0224357_20574528.jpg

シロツメクサには、2頭がお見合いしていました。
e0224357_20584744.jpg


本当に小さな荒れ地で、弱々しく飛翔する姿を見ていると儚さを感じました。
適当に草刈りを行う場所が、食草の育成には必要なようです。
いつまでも、この環境が残されていくと良いのですが・・・・。

by konty33 | 2012-08-28 21:13 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://konty33.exblog.jp/tb/18737860
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yoda-1 at 2012-08-28 23:52
この狙い打ちしたような画像集は素晴らしいですね。
特に雌雄が対峙しているシーンがいいです。
各種透け画像も、ヒメシロチョウの優しさが出てくる感じでしょうか。
Commented by 22wn3288 at 2012-08-29 09:27 x
ヒメシロチョウ 綺麗ですね。
逆光での写真が素晴らしい。
このチョウの美しさを再認識させられました。
Commented by HOUNOKI at 2012-08-29 10:15 x
たぶん、読まれてると思いますが
水滴がまるく反射した逆光の写真が
素敵ですね。
蝶は、もちろんですが
背景の美しさに魅せられました。
Commented by konty33 at 2012-08-29 22:18
yodaさん 
最近、シロチョウ科の逆光写真にはまり気味です。
ヒメシロチョウのイメージがピッタリはまるような気がします。
雌雄が対峙しているシーンは何回か見られましたが、交尾の時期はもう終わっているようでした。
Commented by konty33 at 2012-08-29 22:25
22wn3288さん 
ヒメシロチョウは大好きなチョウで、毎年必ず1度は見に行きます。
このチョウの美しさを引き出すのに、逆光が良いかな?って思って試してみました。
逆光だとシロチョウ科は大抵綺麗に写せますが、可愛らしい触角がこのチョウの魅力かもしれません。
Commented by konty33 at 2012-08-29 22:30
HOUNOKIさん 
前日の夕方にそれなりに撮影出来たのですが、翌朝も見に行ったのは、朝露が狙いでした。
背景のことはある程度考えていますが、草地の中に静止するので前後に邪魔なものが一杯入って思うようにはいきません。
もう少しスッキリした背景にしたかったですが、雰囲気は出ていると思います。


<< ヤマキチョウの♀を求めて      キベリタテハをはじめ高原のタテ... >>