2012年 08月 26日
キベリタテハをはじめ高原のタテハを狙って
8月25日
いよいよ今年の夏も終盤となりました。
この時期にどうしても見ておきたいのが、キベリタテハをはじめとする高原のタテハ達です。
まずは、キベリタテハを狙って標高を上げていくと林道沿いに時々滑空しています。
この蝶は、自然の岩よりコンクリートを好むようで、必ず見るのが水抜きの塩ビ管の下です。ミネラルが豊富なのでしょうか。
e0224357_22304359.jpg

この蝶がいくら塩ビ管が好きでも、これでは絵になりませんね。
そこで、次はもう少し自然な感じの石垣で・・・・
e0224357_2233017.jpg

自然の岩に静止することもありますが、近くでは撮影できませんでした。(トリミングしてあります)
e0224357_22363079.jpg

キベリタテハは、時々凄くフレンドリーになり、広角でも撮影できましたが、背景はイマイチです。
e0224357_22385030.jpg


例年より、キベリタテハは少なかったですが、クジャクチョウは沢山いました。
特にガードレールの柱の上には、何故か沢山集まっていました。
e0224357_22394386.jpg

面白いので、もう1カット・・・・白いところがお好みなのでしょうか?
各柱に複数が静止し、ガードレールの内側にも何頭かいました。
e0224357_22413086.jpg

勿論、いろいろな花で吸蜜します。
e0224357_2243577.jpg

e0224357_22443746.jpg


シータテハも沢山のクジャクチョウに混ざって何頭かいました。
e0224357_22461050.jpg

標高の高いところですが、アカタテハやルリタテハもいました。
e0224357_22483314.jpg


ここでは、どうしてかエルタテハが見られなかったので違うところに寄ってみることに・・・
そこでは、白樺にエルタテハとキマダラモドキが並んで吸汁していました。
e0224357_22504120.jpg

エルタテハを開翅させるためにお尻を刺激してやると開翅しました。少し擦れているのが残念です。
e0224357_2252046.jpg



こうして、高原のタテハ達を狙い通り一通り観察できました。
キベリタテハやエルタテハはもう少し数を期待していたのですが、少し当てがはずれました。
しかし、クジャクチョウは凄い数で驚きました。
午後はヤマキチョウなどの探索モードに・・・・・・夕方はヒメシロチョウも観察できました。

by konty33 | 2012-08-26 23:03 | タテハ類 | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : http://konty33.exblog.jp/tb/18724650
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hemlenk at 2012-08-27 05:49
キベリタテハをはじめ、狙いどおりというのは、さすがですね。素晴らしいです。
クジャクの整列!おもしろいですね。(^^)/
昔、道路の白線に集まるヤマキマダラヒカゲを撮りましたが、白にひかれるのか、塗料の質にひかれるのか、面白いですね(^_^;)
いいショットです。
Commented by 22wn3288 at 2012-08-27 08:20 x
キベリタテハのいろいろなポーズが見れていいですね。
キベリは例年より少ないのでしょうか。それでも沢山居るようですね。
クジャクチョウの集団には驚きました。見事ですね。
大発生ですね。
Commented by HOUNOKI at 2012-08-27 10:20 x
塩ビ管下のキべりタテハ、ガードレール柱のクジャクチョウ、
蝶の習性は、興味深いですね。
特にガードレール柱に密集するクジャクチョウは、
厚化粧の美人が競っているようで
ちょっと怖いですが美麗ですね(笑)。
この写真は、何度も見たくなる不思議な魅力がありますね。
Commented by yoda-1 at 2012-08-27 20:35
このクジャクチョウの集結はコミカルですね。
なかなか観察でいないような。
このような人工物にくるからには、みんな♂雄なのでしょうか。
展示会に出品しても評判になりそうです。
このキマダラモドキはまた新開拓ですか?
Commented by konty33 at 2012-08-27 20:41
hemlenkさん 
本当はこう撮りたいと拘りが必要ですが・・・今回は撮影できれば狙い通りです。(笑)
クジャクも白にひかれるのでしょうか。滑り落ちそうになっても止まろうとしていました。
最初は1頭だけだったのですが、徐々に増えていったような・・・不思議ですね。
Commented by konty33 at 2012-08-27 20:49
22wn3288さん 
例年より個体数が多いとは言えませんが、林道を車で流していくと時々見つかり、撮影にするには十分でした。
どれも新鮮とは行かず、かなりスレた個体もいたので、綺麗な個体を選んでアップしました。
本当は、白樺周りでの撮影が出来れば良かったですが、人工物が大好きで・・・・困ってしまいますね。
クジャクチョウはもの凄い数に驚きでした。
Commented by konty33 at 2012-08-27 20:55
HOUNOKIさん 
タテハは人工物が好きなようで・・・キベリの配管好きはいつものことですが、クジャクのガードレール好きは初めて知りました。(笑)
クジャクはアザミにも一目50頭くらい集っていましたが、1画面に数の多さを表現することが難しくて・・・。
みんな暑くて高いところへ集まってきたかのようでした。
Commented by konty33 at 2012-08-27 21:01
yodaさん 
ガードレール好きなクジャクチョウは初めて見ましたが、どうしたのでしょうか?
♂♀の確認はyodaさんにお任せしますが、明らかな♀はいないような・・・?
展示会ですか?写真がないのでまた見送りですね。(涙)
このキマモは先日と同じところです。yodaさんに言われてキベリとの2ショット探したのですが、エルで勘弁して下さい。(笑)
Commented by banyan10 at 2012-08-27 21:08
クジャクすごいですね。
ガードレールに花が咲いたようです。
最後のエルは翅表、裏とも雌のようですね。
エルの雌と分かる写真はまだ撮れていません。
Commented by hirax2 at 2012-08-27 22:19
ガードレールのクジャクチョウは面白いし凄い数ですね。
白いところにいると目立って身の危険が増すようですが不思議なものですね。
キベリは大好きな蝶で、写真を見てると高原に行きたくなりました。早くしないと白べりになっちゃいますから^^;
Commented by konty33 at 2012-08-27 23:15
banyanさん 
最初は斜面のアザミに沢山のクジャクがいたのですが、車が通過したとき何頭かが飛び立ちガードレールに1,2頭止まりました。
見ているとどんどん数が増えいる柱があり面白かったです。
エルは裏の特徴から♀のようですね。言われるまで気にしていませんでした。
ただ、新鮮な個体でないのが残念と・・・・。今年はエルの姿を見る機会が極端に少ないです。
Commented by konty33 at 2012-08-27 23:24
hirax2さん 
クジャクチョウがガードレールに集まる習性は知りませんでしたが、この一角だけとにかく数が多くて凄かったです。
柱部分だけでなく、ガードレール本体の上が滑るので、翅をばたつかせながら体を支えて止まっている姿も滑稽でした。
キベリは、色褪せないうちに毎年1度は見ておきたいですね。
Commented by cactuss at 2012-08-28 22:58
秋のタテハをすべて撮影出来て、すごいですね。
クジャクチョウやキベリは何故か白い所が好きですね。
道路の白線の所に止まっているところを良くみます。
Commented by ダンダラ at 2012-08-29 21:42 x
このクジャクチョウはすごいですね。
これだけたくさんのクジャクが一斉に開翅しているのは見たことがありません。
エルタテハの開翅の裏技、面白いですね。
Commented by konty33 at 2012-08-29 22:05
cactussさん 
夏休みが過ぎたこの時期は、毎年おとなしく家にいることが多かったのですが、今年は高原に行ってみました。
運良く一通りのタテハが見られたのですが、エルタテハが意外と少なくビックリしました。
やはりクジャクチョウは白いところが好きなんですね。
道路に白線がなかったので、ガードレールに集まったのでしょうか。
Commented by konty33 at 2012-08-29 22:08
ダンダラさん 
クジャクチョウがポールの上で同じ方向に向いて密集しているのは面白いと思いました。
エルタテハは吸汁に夢中だったので、開翅させるにはこれしかないと思いました。
意外と確実な方法で、何回突いても逃げませんでした。
Commented by itotonbosan at 2014-04-20 17:03 x
こんなに沢山のクジャクチョウを見るのは初めてです。
私もクジャクチョウを撮りましたが上手く撮れませんでした。
Commented by konty33 at 2014-04-20 20:35
itotonbosanさん 
この時は本当に多かったですが、例年ここまでは多くありません。
クジャクチョウの幼虫は集団で沢山育つので、生息率が高い年は大発生になりやすいのだと思います。


<< ヒメシロチョウの透けた翅      高原のヤマキチョウは健在でした... >>