2012年 08月 23日
高原のヤマキチョウは健在でしたが・・・
8月19日
朝から良い天気なので、信州の高原のヤマキチョウ生息地に向かいました。
春には沢山の個体が見られた場所ですが、殆ど見られません。
たまに遠くで姿は見れど元気に飛翔し、すぐに見失い写真にはなりませんでした。

そこで、午後は、信州でも違う高原にヤマキチョウを探しに行ってみました。
広い草原の中にアザミの花が咲いており、その周りをヤマキチョウの♀が飛んでいるところに遭遇しました。
慎重に近づき遠目から200mmで撮影しましたが、それ以上近づくと敏感に逃げてしまい戻ってきませんでした。
e0224357_1991298.jpg

すぐ近くで、♂も吸蜜しているのに気づきました。この蝶は、吸蜜に夢中である程度近づけそうです。
e0224357_19121481.jpg

順光では綺麗な黄色が飛んでしまうので、反対側に回り込み逆光気味に翅を透かした写真を狙ってみました。
e0224357_19225519.jpg

よほどお腹が空いていたのか飛んでもすぐに近くのアザミに止まって良いモデルになってくれました。
e0224357_1926866.jpg

しかし、このアザミの周りにはススキなどがあり、それらをなんとかしないとゴチャゴチャしてしまいます。
e0224357_19264285.jpg

慎重に手前のススキをどかしながら、出来るだけスッキリした背景になるように気を使いました。
e0224357_19283916.jpg

しかし、どうしても汚いアザミの枯れた花がバックに入ってしまいスッキリしない絵になってしまいました。
それでも、透けた翅はほぼ狙い通りに撮影できました。
更に広角で撮影できないかと近づいたら、飛ばれてしまいアザミには戻ってきませんでした。
逃げ飛んで止まった先は、草原の葉裏で、こんな感じでじっと隠れてしまうのです。
e0224357_19324637.jpg

広い草原で、こんなところに静止されては、いてもなかなか見つかりませんね。
近くまで行くと逃げますが、また近くの葉裏に静止していました。

この近くでは、ヒョウモン類も結構いましたが、特に新鮮で綺麗だったのはウラギンスジヒョウモン♀でした。
草原の真ん中より、林縁の日陰が好きなようです。
e0224357_19384346.jpg

アザミでも良く吸蜜していました。
e0224357_19391952.jpg

やはりミドリヒョウモンが多いのですが、メスグロヒョウモン、クモガタヒョウモンなどもいました。


少なくなったのか探す場所が悪いのか、1日がかりでやっとヤマキチョウを撮影できた感じです。
もう少し多くの個体に囲まれて楽しみたいところですが、個体数が少なく物足りなさが残ります。
でも、今年もなんとかヤマキチョウが撮影できたし、他にもそれなりの成果があったので良しとしましょう。

by konty33 | 2012-08-23 20:40 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://konty33.exblog.jp/tb/18702978
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yoda-1 at 2012-08-23 20:58
これは素晴らしいですね。
これは中信地区でしょうか?
富士山の裾野では、運良く遇えたねのコメントになりますが、
他の場所ではよくいましたね、と感嘆してしまいます。
8/19と言えば、山梨北部にいたので、kontyさんに合流すればよかったと悔やまれます。
Commented by hemlenk at 2012-08-23 21:04
さすがにポイントをよく開発していますね。
しかも、撮影時のバックの気の使い方はさすがです。綺麗な絵になっていると思います。
ナイスです。
Commented by HOUNOKI at 2012-08-23 21:48 x
逆光にすると、黄色が透けて綺麗ですね。
ヤマキチョウの仲間は、光の向きによって
全然、違う表情を見せてくれますね。
完成度の高い作品だと思います。
Commented by konty33 at 2012-08-23 22:23
yodaさん 
場所はご指摘の通りです。先週もこの場所に寄ったのですが、その時は会えませんでした。
ここでも数は少なく、どこからか飛んでくるのか発生箇所も良くわかっていません。
富士山麓にはこの時期には数年行っていませんが、ここより会える確率が高いでしょうね。
この日はyodaさんも割と近くにいたようですね。久しぶりにご一緒できると良かったです。
Commented by konty33 at 2012-08-23 22:27
hemlenkさん 
この蝶のポイント探索は難しいですね。
春に探した方が効率が良いかもと思うことがありますが、春見られたからと言ってこの時期で会えるとは限らないようです。
ススキの中のアザミですから、やや下から狙ったり、そっとススキをどかしたり大変でしたが、良いモデルがいてくれました。
Commented by konty33 at 2012-08-23 22:34
HOUMOKIさん 
順光だと強い陽射しで翅が白く飛んでしまい勝ちなので、♂の黄色を表現するには、翅を透かして見るのが良いかなと思いました。
翅脈が浮き出るような角度や柔らかい光の写真も良いですね。
今回は天気が良すぎたので、順光はかえって難しいと思いました。
Commented by maximiechan at 2012-08-24 05:42
ヤマキに限らず黄色の蝶は逆光がきれいです。
この蝶はとても神経質なときがある反面、吸蜜に夢中になるとどんなに近付いても、極端に言えば手を触れても逃げないくらいなときもありますよね。
貴ブログの素晴らしい写真に刺激され、週末の予定を変更しようかななんて考えています。
Commented by konty33 at 2012-08-24 08:05
maximiechanさん 
仰るとおりシロチョウ達は逆光で翅を透かすと綺麗になりますね。
特に、黄色系が寄り綺麗に見えるようです。
kontyは手を触れても逃げない状況は経験がないですが、吸蜜に夢中になるときがあるようです。
そうでないときは、他のシロチョウが敏感なように近づけないことも多いです。
今週末は予定変更ですか?maximiechanさんなら、きっと素晴らしい写真を撮られることと思います。
Commented by 22wn3288 at 2012-08-24 08:50 x
ヤマキチョウの逆光の姿は綺麗ですねー。
スジボソの方が綺麗かなと思っていましたが、ヤマキは貫録がありますね。
私もヤマキに会いたいと思いました。
50年以上も前には手づかみ出来る位居たのですが。
Commented by kmkurobe at 2012-08-24 16:09
ヤマキチョウなかなか会えなくなりましたね。
当地からは遠い所ばかりなので、最近はご縁がありません。
暑いと隠れてしまうので、見つけにくいですね。
Commented by himeoo27 at 2012-08-26 11:03
逆光で透けて写した♂の吸蜜画像綺麗ですね!

草藪で隠れる時にはヤマキチョウも
スジボソヤマキと同じような体勢なのも面白く拝見
しました。
Commented by konty33 at 2012-08-26 22:12
22wn3288さん 
ヤマキチョウの♀があまり撮れなかったので、今日も見に行き♀の逆光も撮影しました。
スジボソも綺麗ですが、ヤマキには特別な思いがあります。やはり貫禄ですかね。
50年前は沢山いたのですね。その時ここまで数が減るとは予想しなかったでしょうね。
Commented by konty33 at 2012-08-26 22:19
kmkurobeさん 
ヤマキが普通にいた頃が、懐かしく感じられます。
長野北部では見られませんか?
kontyは、ヤマキだけを狙って遠くまで撮影に行きますが、必ず見られるとは限りません。
隠れてしまうと見つけにくいので、8月末から9月に掛けてが良いかもしれませんね。
Commented by konty33 at 2012-08-26 22:21
himeooさん 
シロチョウ科は逆光が綺麗に見えて好きです。
今日もヤマキの♀の逆光を撮影してきました。
暑いとすぐに葉裏に隠れてしまうのは、どちらも同じようですね。


<< キベリタテハをはじめ高原のタテ...      ベニヒカゲとミヤマシロチョウ卵... >>