2012年 06月 03日
愛知のヒメヒカゲの発生状況確認
6月3日
本来なら、クモマツマキチョウを追いかけて遠征するところですが、事情により遠出が出来ません。
午後だけ時間が取れたので、近場のヒメヒカゲの発生を確認にいきました。
自宅を出発するときは雨が心配されましたが、生息地に到着すると晴れ間も見られる良い天気です。
歩き始めるとすぐに草地から新鮮なヒメヒカゲが飛び出しました。
e0224357_237239.jpg

e0224357_2393110.jpg

e0224357_2311132.jpg

e0224357_23111712.jpg

例年並みのそこそこの数の生息を確認できました。
このチョウは曇り空の方が似合いますが、今回は薄日が差して明るい感じの写真になりました。
e0224357_23135560.jpg

e0224357_2314872.jpg
e0224357_23141954.jpg

個体により眼状紋の数などが異なり、新鮮な個体は翅裏の茶色と銀の縁取りが綺麗ですね。
開翅も時々してくれますが、一瞬です。どれも全く無傷の発生初期の様でした。
e0224357_23412419.jpg

今年も例年通りヒメヒカゲが発生していたのでひと安心です。

この場所には他にもいろいろな蝶がいますが、その一部をご紹介します。
まずは、羽化直のミズイロオナガシジミが下草に静止しているのを見つけました。
e0224357_23231038.jpg

大きなイボタがあり、ちょうど花が綺麗に咲いており、何頭かのウラゴマダラシジミが飛び回っていました。
開翅も見られましたが、遠くて証拠写真程度しか撮影できませんでした。
e0224357_2326953.jpg

アサマイチモンジも毎年ここで見られます。
e0224357_23265832.jpg

e0224357_23281241.jpg

他にもヒカゲチョウ、サトキマダラヒカゲ、ジャコウアゲハ、カラスアゲハなどが見られました。
もう少ししたらこのあたりでウラナミジャノメの発生も確認してみたいところです。

by konty33 | 2012-06-03 23:46 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : http://konty33.exblog.jp/tb/18111664
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by LUFFYY at 2012-06-04 05:55 x
I湿原まだ行ったことはありませんが、是非トライしたいです。
これからいろいろな蝶が発生すめので忙しくなりそうですね。これからも期待しています。PS:私は、当面ミドリシジミを極めたいと思います。
Commented by maximiechan at 2012-06-04 07:15
この蝶は未撮影種です。見たこともありません。
今年は長野県に撮影に行こうと思っています。
愛知県にも生息地があったのですね。全然知りませんでした。しかも、こんな早い時期に発生するのですか?
美しい写真を見せられ、一刻も早く撮影したくなりました。
Commented by konty33 at 2012-06-04 07:32
LUFFYYさん 
ここはI湿原ではありませんが、I湿原でも同様に発生していると思います。
行きたいところが沢山ありすぎて予定が立たない時期ですが、今年は例年とは事情が少し違い、遠出が出来ない状態です。
ミドリシジミは、♀もいろいろな種類がいて楽しみですね。
Commented by konty33 at 2012-06-04 07:38
maximiechanさん 
学生時代までは、名古屋市内にもいた蝶で愛知県には沢山ポイントがありました。
しかし、湿原環境が埋め立てられ生息地が少なくなってきました。
それでも、まだ保全されている場所もあり、何カ所かで見られます。
信州のものとは、眼状紋など違ったり多少の地域差があるようです。
Commented by HOUNOKI at 2012-06-04 08:52 x
いちど見てみたいと憧れている蝶のひとつです。
目玉模様と渋い絶妙な色彩のバランスがとてもいいですね。
朝からkontyさんの素敵な写真を拝見でき気分爽快です。
今週末にI 湿原へこの蝶に会いに行ってきます。
忙しいスケジュールの合間の楽しみといったところです。
Commented by konty33 at 2012-06-04 21:08
HOUNOKIさん 
この蝶の生息地は局所的ですが、色合いが独特で魅力的なこともあり、毎年見に行っています。
眼状紋が個体毎に特徴があるのも魅力の一つかも知れません。
I湿原では、撮影がしにくいかも知れませんが見られると思います。
お忙しいようですが、観察を楽しめれば良いですね。
Commented by hirax2 at 2012-06-04 23:23
おー、大好きなヒメヒカゲ。このカフェオレ色がたまりませんね。
紋も色んな感じがあって楽しいですね。長野の発生地しか行った事がありませんが、やはり随分発生時期が違うものですね。
Commented by cactuss at 2012-06-04 23:47
ヒメヒカゲ、美しいですね。
今の時期はヒメヒカゲとウラナミジャノメが見られるので、魅力的な場所ですね。
でも、遠いので、行くのは大変です。
Commented by 虫林 at 2012-06-05 20:51 x
ヒメヒカゲは信州のものと少し違ってなかなか興味深いです。
新鮮な個体が撮影で来て良かったですね。
Commented by konty33 at 2012-06-05 23:42
hirax2さん 
ヒメヒカゲはお好きですか。新鮮な個体の色合いがたまりませんね。
それなりの数の個体がいましたから眼状紋が少しづつ違うのが分かると思います。
信州のヒメヒカゲを見に行かれる方が多いので、この時期のヒメヒカゲは意外と思われるようですね。
Commented by konty33 at 2012-06-05 23:47
cactussさん 
6月中は見られますが、やはり6月初旬のこの時期は新鮮で良いですね。
ウラナミジャノメはもう1週間程度先の発生になると思いますが、年々発生地が少なくなっていくように思います。
ここは面白い場所ですが、そちらからでは遠すぎますね。
Commented by konty33 at 2012-06-05 23:50
虫林さん 
信州のヒメヒカゲは殆ど見たことがないですが、眼状紋が小さめで感じが違いますね。
毎年この時期に立ち寄り、確認するのがここ数年続いています。
Commented by 22wn3288 at 2012-06-06 09:02 x
ヒメヒカゲが出ていましたか。
新鮮で素晴らしいチョウたちですね。
I湿原では自由に撮れませんのでなかなか満足な画像が得られません。
もうすぐ発生すると思いますが。
Commented by katawara at 2012-06-06 16:37 x
6枚目と1枚目の写真は雌ですよね。
この時期に雌の発生なら平年並みでしょうか。
後翅の眼状紋3個もあまり見た記憶がないんですが、たくさんいましたか?
愛知県は条例で採集禁止となりましたので、採集者も減るといいですね。
Commented at 2012-06-06 20:15
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by konty33 at 2012-06-07 18:19
22wn3288さん 
例年通りのタイミングで発生しておりました。
確かにI湿地は近くになかなか来てくれないので撮影には不向きかも知れませんね。
同じようなタイミングで発生すると思いますが、やや遅いのでしょうか?
Commented by konty33 at 2012-06-07 18:32
katawaraさん 
6枚目と1枚目は♀だと思いますが、同じ個体かもしれません。
毎年6月1週目の発生ですから例年並みだと思います。(5/末に見られることもありますが・・・。)
後翅の眼状紋はいろんな数がありますが、何個の個体が多いとか考えたことがなくて・・・・。
でも、いつも無意識に紋が多い個体を選んで撮影していたように思います。
今回は見つけた個体を順に撮りましたから、3つ紋のも普通にいたような気がします。
採集者がいなくなれば、数も安定するし良いですね。
Commented by konty33 at 2012-06-07 18:33
鍵コメさん 
メールをご確認下さい。
Commented by midori at 2012-06-07 21:10 x
ほとんどの蝶が、表翅を撮影したくて開翅を待ちますが、この子は裏翅だけで大満足です(*^^*)。新鮮カフェオレ色素敵ですね。堪りません。メスが大好き(*_*)!!
Commented by konty33 at 2012-06-07 23:02
midoriさん 
新鮮な個体の翅表の茶色も素敵ですが、やはり翅裏の眼状紋と色合いは惹かれますね。
kontyも♀は特に白い帯が発達して好きです。
前翅にも眼状紋が増えることもあり、個体の違いを見て楽しむことが出来ます。
毎年見に行っていますが、未だに交尾や産卵は見たことがなく今後の課題です。


<< 南信のベニモンカラスシジミ探索      自宅近くのウラゴマダラシジミ >>