2012年 05月 31日
自宅近くのウラゴマダラシジミ
5月27日
朝から、地域の奉仕活動で半日潰れたので、午後から近所のウラゴマダラシジミの様子を見に行きました。
食草のイボタの花が咲き始めており、何頭かのウラゴマダラシジミが発生しているのを確認できました。
e0224357_22294828.jpg

ちょうど羽化のピークのようで、どれもそこそこ新鮮です。
e0224357_2231374.jpg

e0224357_22315195.jpg

開翅しそうになったので期待しましたが、待ちきれず残念でした。
e0224357_2232649.jpg

自宅近くのウラゴマダラシジミは、明るい色合いなので、開翅を撮影してみたいのですが・・・・残念でした。

イボタを探してみるとまだ蛹がいくつか見つかりました。
葉の裏にしっかり糸を吐き台座を作り、蛹がついています。
e0224357_22343788.jpg

序でに、4月末頃撮影した終齢幼虫をご紹介しておきます。
e0224357_22365476.jpg


いよいよゼフィルスのシーズンが始まり、これからが楽しいですね。
しかし、暫く都合により遠出が出来なくなりました。
ブログの更新も少なくなると思いますが、今後とも宜しくお願いします。

by konty33 | 2012-05-31 22:46 | シジミ類 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://konty33.exblog.jp/tb/18094689
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by HOUNOKI at 2012-06-01 00:19 x
ウラゴマダラシジミの開翅写真は難しそうですね。開くのを根気よく待つのも大変で、待っている間に逃げられるなんてこともありそうな気がします。6月はゼフィルスのシーズンのようですね。どこかで出会うとうれしいですが。余談ですがミカドアゲハの集団吸水は、何回か八重山に通っていますが、まだ見たことがありません。このシーンの撮影も根気よく通うしかチャンスはなさそうです。
Commented by maximiechan at 2012-06-01 05:36
そこそこどころか超新鮮に見えます。
ウラゴの白とイボタの緑の織りなす色合い梅雨空が似合いますね。
はっきりしない空模様の中で是非美しい開翅を撮りたいものです。
幼虫の姿にびっくりです。これなら私も撮ってみたいなあ。
今日仕事が休みなのでウラナミアカとこのウラゴねらいで出かけようと思っています。
Commented by LUFFYY at 2012-06-01 07:28
ウラゴマダラシジミ知多半島にいないかなぁ?探してみたいと思います。速報!ミカドアゲハの現場でお話した、庭で飼育していたミドリシジミ昨日一頭生まれました。詳しくはプログでご覧ください。
Commented by ダンダラ at 2012-06-01 15:38 x
きれいなウラゴマダラシジミですね。
すぐに擦れてしまうウラゴマダラシジミも新鮮なものははっとする美しさですね。
蛹をすぐに探されてしまうのにはびっくりです。
Commented by konty33 at 2012-06-01 20:32
HOUNOKIさん 
他のゼフのように開翅してテリ張りはしないようですが、時々開翅することがあります。
しかし、いつ開翅するかわからないので待っていてもダメですね。
この地のウラゴマは綺麗なので、狙って開翅を撮影できると良いのですが・・・。
ミカドアゲハの集団吸水も簡単に見られるわけではないのですか。
フィールドに通う回数と運が必要なようですね。
Commented by konty33 at 2012-06-01 20:40
maximiechanさん 
綺麗な個体だけ掲載しましたが、結構傷みが早いようで、綺麗な個体を見つけるのもたいへんですね。
確かに梅雨空が似合いますね。昨年は小雨の中ビュンビュン飛んでいたのに、今回はおとなしく静止してくれてラッキーでした。
出来たら開翅が撮りたかったのですが、今後の課題です。
卵が産んである木を覚えておけば、幼虫は見つけやすいので是非探してみて下さい。
Commented by himeoo27 at 2012-06-01 20:43
新鮮なウラゴマダラシジミ素敵ですね!
また、僅かに開いた翅もまた面白いです。
Commented by konty33 at 2012-06-01 20:43
LUFFYYさん 
瀬戸~豊橋間のあちこちでは見たことがありますが、知多で探したことがありません。どうでしょう。
ミドリシジミの記事は拝見しました。いよいよゼフのシーズンインですね。
Commented by konty33 at 2012-06-01 20:48
ダンダラさん 
この蝶は、夕方の飛び方を見ていると分かりますが、すごく早く擦れてしまいますね。
ちょうどこの日が発生のピークだったようで、久しぶりに綺麗な個体に出会えた感じです。
幼虫や蛹がすぐに見つかったのは、大卵塊が見つかった木に何回か通っているためです。
どこでも簡単に見つかるわけではありませんが、この木ではいくつか見つかりました。
Commented by konty33 at 2012-06-01 20:50
himeooさん 
後翅をスリスリしたり、前翅を開き掛けたりするのですが、開翅には至りませんでした。
新鮮個体が見られただけでも幸運ですが、開翅が撮れたらもっと良かったんですが・・・。
Commented by hirax2 at 2012-06-01 21:19
まだ咲ききれてないイボタの花に超新鮮ウラゴは最高です。開翅もいいですがhirax2は翅裏のまったりとした質感が好きなのであります。^^)
ちょっと意味不明ですが、私もウラゴそろそろ行ってみようかな。
Commented by konty33 at 2012-06-01 22:00
hiraxさん 
陽当たりの良い場所ではイボタも満開でしたが、イボタの花もすぐに茶色くなりますから、色合いは蕾がちょうど良いかもしれませんね。
確かに新鮮な翅裏はしっとりとした質感が良いです。
hiraxさんのブログでもウラゴマが拝見できそうですね。
Commented by 22wn3288 at 2012-06-03 10:34 x
新鮮なウラゴマダラシジミは綺麗ですね。
幼虫や蛹まで撮影されていて感心します。
開翅は偶然出会う感じですね。
Commented by konty33 at 2012-06-03 19:24
22wn3288さん 
発生初期のウラゴマに出会えると激しく飛び回ることもなくゆっくり撮影できるし、しっとりとした翅が綺麗で嬉しいです。
今日別の場所で開翅を何回か見ることが出来ましたが、遠くて綺麗に撮影できませんでした。


<< 愛知のヒメヒカゲの発生状況確認      南アルプスのクモマツマキチョウ再挑戦 >>