2012年 05月 08日
庭でジャコウアゲハとアオスジアゲハなどの観察
5月上旬
ゴールデンウィークの後半は、東名の渋滞もひどいようなので自宅や周辺の探索を行いました。
以前、庭の「ジャコウアゲハの蛹」をご紹介しましたが、今回は、ジャコウアゲハの産卵の観察をしました。
風のない晴天に、自宅庭のウマノスズクサを前足でタッチし確認しながら産卵をしようとしていました。
すると程なく産卵が始まりました。
e0224357_2128777.jpg

残念ながら卵を産んでいるところは写っていませんが、卵を確認したので産卵したようです。
産卵が終わると暫く近くで静止して休みます。
e0224357_212918.jpg

10分くらい休んだ後、また、産卵場所を探し始めました。今度は産卵する様子がしっかり写せました。
e0224357_21323298.jpg

産卵が終わると また、しばらく休憩です。
e0224357_21332218.jpg

暫くすると・・・・また、産卵が始まります。今度は、繁みの中だったので地面近くから狙いました。
e0224357_21345799.jpg

産卵場所は、日陰の繁みの中が多く、必ず障害物があったり、蝶がぶら下がり葉の向きが変わったりと産卵の瞬間が写せませんでした。
こんな産卵と休憩の繰り返しを2時間以上繰り広げていました。


普通は、葉の表面に産むのですが、縦に3つ積み上げて産んでしまいました。こんなの見たことがありません。
一番下の卵は色が違うので今産卵された物ではないようです。下の卵が孵化したら、上の卵は脱落してしまいそうですが、大丈夫でしょうか?
e0224357_21484775.jpg

近くでは、羽化したての♂も静止していました。(因みに、庭の蛹はまだ半分しか羽化していません。)
e0224357_21535458.jpg


次は、アカメガシの花に吸蜜するアオスジアゲハです。
e0224357_2212125.jpg

隣の家にある小さなクスノキでは、以前も沢山の卵や幼虫を確認しており、自宅にもよく飛来します。
しかし、素早く飛ぶアオスジアゲハの撮影機会はなかなかありません。
e0224357_2264546.jpg

この日は、ちょうど花の最盛期でゆっくりと吸蜜してくれました。
e0224357_2273697.jpg

アオスジアゲハが吸蜜する時は忙しなく動くことが多いのですが、この時は比較的ゆっくり撮影させてくれました。
自宅で、こんな写真が沢山撮れるのも珍しいことですが、そのうちスズメが来たのでアオスジアゲハは逃げてしまいました。

アゲハも良く飛んできます。ポピーの花に吸蜜していました。
e0224357_22205748.jpg

e0224357_2221536.jpg

庭にある小さなミカンの木には沢山の卵と小さな幼虫がついていました。


たまには、ゆっくりと自宅に飛来する蝶たちを撮影するのも良いものです。
今年も、ナガサキアゲハやモンキアゲハ達がやって来るのが楽しみです。

by konty33 | 2012-05-08 22:35 | アゲハ類 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://konty33.exblog.jp/tb/17946303
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hirax2 at 2012-05-08 23:12
庭でジャコウアゲハが観察できるなんて素晴らしいですね。
我が家にもウマノスズクサ移植しようかな。でもきっと育たないきがします^^;  
だんご3兄弟の卵 どうなるのか楽しみですね。
Commented by 22wn3288 at 2012-05-09 09:20 x
ジャコウアゲハの産卵を見事に写されましたね。
開翅も綺麗です。
遠出をしなくても楽しめるのは良いですね。
Commented by HOUNOKI at 2012-05-09 10:45 x
アカメガシワの花を訪れる「アオスジアゲハ」の姿も素敵ですね。確かに撮れそうで撮れないフットワークのいい蝶です。余談ですが、先日ネギ坊主にきたアオスジアゲハを久しぶりにカメラで追いかけました。kontyさんのブログに触発されて、身近な蝶から再デビューです(笑)。そのうちブログも開設したりして・・・・なんて楽しくなってきました。
Commented by konty33 at 2012-05-09 22:23
hiraxさん 
もともとは自宅にウマノスズクサはなかったのですが、付近にはジャコウアゲハが結構いたので、植木鉢にウマノスズクサを植えたところ地面に根が伸び、今では庭中ウマノスズクサだらけになっていまいました。近くでジャコウアゲハが見られるようなら、ウマノスズクサを植えると毎年ジャコウアゲハが飛んできてくれますよ。但し、ウマノスズクサは地下茎で凄く増えますのでご注意を。
だんご3兄弟ですか。確かに毎日観察を続けないといけませんね。
Commented by konty33 at 2012-05-09 22:26
22wn3288さん 
毎年、必ず産卵を見かけますが、出勤前だったり、遠征する前だったり、時間がなくてゆっくり観察できませんでした。
この蝶だけは、自宅で沢山見られますが、やっと産卵の写真が撮れた感じです。
Commented by konty33 at 2012-05-09 22:34
HOUNOKIさん 
アオスジアゲハは、ミカドアゲハを撮っているとき、一緒に撮影するくらいで、よく見かけるわりに撮影機会がない蝶です。
ねぎ坊主もそうですが、ヤブガラシやサンショウなどの小さな花が沢山集まったような花に来たら長居してくれますから撮影チャンスです。
HOUNOKIさんも撮影の楽しみを思い出したようですね。ブログの開設を楽しみにしています。


<< クロツバメシジミの幼虫から成虫...      ギフチョウを追って新潟から山形へ >>