2012年 04月 05日
ウラゴマダラシジミの幼虫観察
4月初旬
先日の台風の様な暴風雨を耐えたソメイヨシノは、5分から8分咲きになってきました。
自宅近くで3月中旬に孵化を確認したウラゴマダラシジミの幼虫がその後どうなったか2回ほど確認に行っています。
薄暗くなってから確認したときは新芽の基に静止ししている2齢幼虫が見つかりました。
e0224357_213153.jpg

しかし、懐中電灯を頼りに探しても簡単には見つかりません。
後日、明るい時間に再訪しもう一度探すと2つ見つかりましたが、以前の場所では見つからないので、移動しているようでした。
e0224357_21135163.jpg

幼虫をアップで撮影することはあまりなかったのですが・・・まだ5mm程度の幼虫ですが、背中の赤いスジが消えているので3齢になったのでしょうか?
e0224357_21191444.jpg

これまでの経験と比較して、イボタの葉の成長に対し、幼虫の成長がやや遅いような気がしましたが元気に成長しているようです。
夕日がさし込むところでは探しやすいですが、陽が照らない部分にもまだ幼虫がいるかもしれません。
e0224357_21251411.jpg

e0224357_21254366.jpg



食痕がかなり多く見られましたが、ネバネバした何かの幼虫が沢山ついており、ウラゴマの幼虫は少ないようです。
もう少し大きくなると探すのも楽になるので終齢、蛹、成虫と観察を続けたいと思います。

by konty33 | 2012-04-05 22:03 | 幼虫 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://konty33.exblog.jp/tb/17693925
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by himeoo27 at 2012-04-06 21:25
卵からの連続観察流石ですね!
私もまずミドリシジミの幼虫から探して見ようかな?
Commented by konty33 at 2012-04-06 22:50
himeooさん 
今日も仕事が終わってから様子を見に行きました。
満月と懐中電灯の灯りでしたが、5,6頭の幼虫が見つかりました。
ミドリシジミの幼虫探しも面白いと思います。


<< 冬みたいな春  ギフチョウ頼む...      アイノ、メスアカの卵探し >>