2011年 10月 22日
愛知のクマソ その後
10月16日
リュウキュウムラサキやヤクシマルリシジミを観察した帰りにクロマダラソテツシジミの様子を見に行きました。
ソテツには以前より沢山の幼虫が見られ食害もひどくなっていました。
e0224357_23262954.jpg

近くの花を探すと・・・・ 傷んだ個体の中に綺麗なクマソ♂がいました。翅表に裏の模様が透けて見え綺麗です。
e0224357_232810100.jpg

吸蜜の合間に、時々近くの葉上で開翅することがありました。
e0224357_2339844.jpg

以前よりスレた個体が多い中、綺麗な個体も見られますが、時間が遅いのか数は少ないようです。
そんな中、少し「翅裏の模様に異常」が見られる個体が見つかりました。
e0224357_23303497.jpg

まるで別種のようなのですが、低温期型でしょうか?初めて見ました。まだ、そんなに寒くはないのですが・・・・。
e0224357_23322573.jpg

比較に通常の個体も載せておきます。やはり上の個体の模様とは明らかに違います。
e0224357_2346565.jpg

その後、もう少し探してみると♀も見つかりました。
e0224357_2336562.jpg



最後に、ソテツの固い新芽に潜り込もうとしていたかなり立派なノコギリクワガタを見つけました。
夏にクヌギなどで見られますが、ソテツとは縁遠いように思いですよねぇ・・・。
e0224357_2356227.jpg

ソテツの新芽から隣にあった椰子の切り株に移ってもらい撮影しました。こんな時期に珍しいところで見つかったと思います。
e0224357_2359514.jpg


今回は、クマソの幼虫も数多く見つかりましたから、2週間ほどで成虫の数が増えることも期待できます。
クマソが増えることが嬉しいことかどうかは微妙なのですが、観察を楽しめる間は楽しみたいと思います。

by konty33 | 2011-10-22 12:19 | シジミ類 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://konty33.exblog.jp/tb/16056853
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by maximiechan at 2011-10-22 19:03
4枚目の「翅裏の模様に異常」と書かれた個体は低温期で間違いありません。
私も石垣島で初めて見たときは珍しい蝶を見つけしまったのかとドキドキしてしまいました。
たまたま、蝶に詳しい地元の方がいたので写真を見せたら、あっさりと低温期型と言われ、拍子抜けしてしまいました。
Commented by himeoo27 at 2011-10-22 20:17
憧れのクマソの「低温期型」可愛く写っていいな!
最後の大顎型ノコギリクワガタカッコ良過ぎ~
Commented by midori at 2011-10-23 10:58 x
2枚目の透けた翅の新鮮クマソ(♂)とてもきれいです。ピンクに
ブルー似合いますね。そろそろこちらでも、低温期型が現れないかと...メスの美しいブルーが見たいです。
Commented by banyan10 at 2011-10-24 14:42
低温期型の裏面は未撮影なので狙っています。
別の蝶みたいで魅力ありますね。
今週末はこちらでも数が増えそうなので期待しています。
ウラナミシジミの低温期も撮りたいですが、こちらは出現する気温がだいぶ低いようで難しいみたいです。
Commented by konty33 at 2011-10-24 22:07
maximiechanさん やはり低温期型ですか。
通常見られる個体とは明らかに模様が異なるのでkontyもドキドキして撮影しました。
これからの季節は、こんな個体が増えるのでしょうか?今後も様子を観察する必要がありますね。
Commented by konty33 at 2011-10-24 22:13
himeooさん 今年初めて沢山の個体を確認したので勉強不足でしたが、低温期型は憧れですか。
ノコギリクワガタは、ソテツの新芽にいたのですが、暖かかったのでしょうか?面白い発見でした。
Commented by konty33 at 2011-10-24 22:20
midoriさん 透けた翅は光線の加減で見られますが、偶然撮れた感じです。
こうした表情の変化が楽しめるのも撮影の醍醐味ですね。
これから気温が下がって低温期型が見られると良いですね。
Commented by konty33 at 2011-10-24 22:28
banyanさん 先日沢山幼虫が見られたので、終齢幼虫を少し持ち帰り、家で蛹化と羽化を観察しました。
その中で1頭が低温期型でした。確かに別種のような感じで魅力があります。観察できると良いですね。
ウラナミシジミの低温期型は見たことがないので見てみたいです。
Commented by kenken at 2011-10-25 22:24 x
写真の個体、後翅裏面の紋の流れ方は低温期の特徴ですね。
今日は午後からぐっと冷えました。いよいよ、青くて白い低温期型♀が見られるのかな。
それにしても、愛知県、結構ソテツ食害されてますなぁ~
京都では、今シーズンはさっぱり見かけません。
Commented by konty33 at 2011-10-25 23:01
kenkenさん 低温期型がどれくらいの割合で見られ、低温期の♀は見たことがないので、今年は楽しみが少しだけ増えました。
こちらでは、今日の日中は暑くて夜になっても冷えた感じではありません。京都とは気候が少し違いますね。
愛知では他の場所でもクマソの情報があるようですが、今のところ爆発的な発生状況ではないようです。


<< 三重でサツマシジミ♂観察ほか      センダングサに吸蜜するヤクシマ... >>