2011年 04月 23日
ジャコウアゲハの羽化
4月23日
庭にウマノスズクサが生えているので、毎年たくさんのジャコウアゲハが庭で発生します。
この冬は、6つの蛹を玄関回りで確認しました。軒下や犬小屋、家の壁など人工物の雨が当たらないところばかりです。(1月撮影)
e0224357_17543618.jpg

今週、一気に羽化が始まり、最後の一つが昨夜黒くなっていたので、朝が羽化を撮影するチャンスと思い気にしていました。
今日は雨の土曜日になり、玄関前の軒下を確認したところ、朝8時前には既に♂が羽化していました。
慌てて写真を撮ろうとしたときお腹から液体を排出し、その直後に何処かへ飛んでいってしまいました。
e0224357_17553589.jpg

庭のウマノスズクサの様子は、こんな感じです。まだ卵は付いていないようでした。
e0224357_19553666.jpg


by konty33 | 2011-04-23 20:02 | アゲハ類 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://konty33.exblog.jp/tb/14657253
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tyoutorin at 2011-04-23 23:19
まるでジャコウ屋敷ですね。あまり寄生されていないようですね。家も庭にウマノスズクサを植えましたがまだジャコウは来ません。今年あたり期待していますがそのうち家もジャコウ屋敷になるのかな。
Commented by himeoo27 at 2011-04-24 07:32
ジャコウアゲハは、独特な形状と色合いの蛹も、妖艶な白い輝きも大好きな蝶なので羨ましいです!!
Commented by yoda-1 at 2011-04-24 17:19
ジャコウの蛹はかように人工物に付くことが多いのは何か理由があるのでしょうか。
最初の♂が、kontyさんへの飛翔前の挨拶を忘れなかったようで、ほほえましいです。
Commented by konty33 at 2011-04-24 21:01
tyoutorinさん 寄生蜂にやられた蛹はこれまで見たことがありません。
ウマノスズクサは10年ほど前に鉢植えにして庭に置いておいたら、地面に根が出ていつの間にか庭中生えています。
鉢植えを置いた年から毎年発生しますが、必ず食草が全部食べられ、食草不足で多数の幼虫が蛹になる前に死んでしまいます。
近くでジャコウアゲハが生息すれば必ず来ると思います。
Commented by konty33 at 2011-04-24 21:07
himeooさん 確かに変わった形の蛹ですね。
おもしろ半分で庭にウマノスズクサを持ち込んだのですが、毎年どんどん広がり、庭中たいへんな状況です。
成虫は、この時期あまり見ませんが、夏になると毎日のように庭に飛んできます。
Commented by konty33 at 2011-04-24 21:14
yodaさん 蛹になる前の幼虫は車庫のコンクリート上も長い距離を移動するのをよく見ます。
数年前には、近所の約50mのガードレールの裏に30以上蛹がついていました。
このことから、明らかに人工物が好きなように見えます。
何故でしょうか?雨から身を守っているようにも思えます。


<< 山梨のクロツバメ      加賀のギフチョウ  >>