2017年 09月 20日
ミヤマシジミの産卵と卵
9月10日
地元でウラナミジャノメを確認した後・・・
久しぶりにミヤマシジミの様子を見に行きました。
昨年秋の環境の変化を見てから、発生状況が気になっていましたが・・・・
狭い範囲ながら新鮮な♂も飛んでいて・・・取り敢えず安心しました。
e0224357_17473661.jpg
食草のコマツナギは長い間花が咲きますが、とても綺麗で今が盛りといったところです。
比較的綺麗な♀が1頭だけいました。
e0224357_17480136.jpg
この♀を見ていると・・・・
産卵モードのようですが・・・
一瞬だけお尻を曲げても・・・なかなか産卵はせず・・・・
暫く佇んでは・・・またチョイ飛びし・・・・
また、佇んでを繰り返していました。
e0224357_17523321.jpg
追いかけず少し離れたところから注意深く見ていると・・・
いきなり蕾の房に静止したと同時に・・・産卵姿勢を暫くして飛んでいきました。
e0224357_17541210.jpg
蕾を確認すると・・・
産み付けられたばかりの薄い緑色した卵が見つかりました。
この時期は蕾に良く産むようです。
証拠写真をTG3で接写しておきました。
e0224357_17545616.jpg
幼虫を探してみると・・・・
近くの花から見つかりました。
e0224357_17563175.jpg
花だけでなく・・・葉を食べている幼虫も見つかります。
葉の表面を舐めたような食痕を探すのもいいですが・・・
アリの動きを観察すると幼虫の周りにいるので見つけ易いです。
e0224357_17574963.jpg





木陰がない環境なので暑くて長居すると熱中症になりそうです。
取り敢えず今年も生息が確認できたので・・・早々に車に戻りました。







-


# by konty33 | 2017-09-20 21:27 | シジミ類 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 17日
地元のウラナミジャノメ
9月10日
今年1化(6月)の発生が未確認のウラナミジャノメの2化を確認に行きました。
所用で出発が遅くなってしまい、現地に着いたのは昼過ぎ・・・
暫く探すと間違えなく発生していることは確認できましたが・・・
飛び続け・・・止まっても近づけず・・・シャッターを切らせてもらえません。
キツネノマゴに吸蜜した一瞬の証拠写真です。
e0224357_22213377.jpg
正対する位置に移動すると逃げられ、これが限界・・・
e0224357_22235341.jpg
草むらの中に静止したところ・・・日は漏れていますが逆光で・・・・
e0224357_22244207.jpg
複数頭がいたようですが・・・・一番のモデルは以下の個体・・・
まずは、シダ止りから・・・
e0224357_22271536.jpg
e0224357_22264676.jpg
粘っていると・・・時々開翅もしてくれました。
e0224357_22280067.jpg
地面止りの開翅はピントが眼球に来ていません。
e0224357_22284462.jpg
絞りを開け気味に変えて背景をスッキリしたいところですが・・・・
e0224357_22300352.jpg
どうしても背景が近すぎ??
e0224357_22322482.jpg
飛んでもすぐ近くに止ってくれました。
そして、時々一瞬だ開翅します。
e0224357_22344896.jpg
開翅は一瞬だけで・・・すぐに閉じます。
e0224357_22350100.jpg
近くに寄れそうなので・・・・同シーンで広角にチャレンジ・・・・
e0224357_22371290.jpg
別のカットも・・・・
e0224357_22381066.jpg
最後にヒメウラナミジャノメを比較のために載せておきます。
眼状紋の数が違いますが、綺麗な個体が飛んでいると見分けがつきません。
e0224357_22390365.jpg


この地では今年の6月には未確認だったので、今回確認できて良かったです。
環境が毎年変わるので、いつまで生息するのか心配になります。
来年は1化も確認したいと思います。




-


# by konty33 | 2017-09-17 23:05 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(2)
2017年 09月 13日
今シーズン最後のヤマキ
9月3日
この日の目的は、今シーズン最後のヤマキチョウ観察でした。
天気もまずまずなので・・・間違いなく複数見られると思っていましたが・・・
意外と個体は1♂だけ・・・先行の方々に教えてもらいやっと撮影できました。
e0224357_22155614.jpg
夢中に吸蜜いているので全く逃げません。
e0224357_22165857.jpg
少しアップで・・・・
e0224357_22205043.jpg
そして広角でも・・・・・
e0224357_22215806.jpg
後でゆっくり撮れば良いと他の蝶を撮影していたら・・・
意外と早く14時ごろには休止状態になってしまいました。
e0224357_22193446.jpg
ここではスジボソヤマキチョウもいました。
e0224357_22225272.jpg
逆光で翅を透かせると綺麗ですが、ヤマキチョウと比べると翅の質感の違いが分かります。
e0224357_22245692.jpg
順光でも・・・・
e0224357_22270185.jpg
♀もいましたが、ヤマキチョウとは似て非なるものですね。
e0224357_22280696.jpg
スジボソヤマキチョウはヤマキチョウより活動時間が長く、帰る時間になっても
ずっと吸蜜していました。



まだ天気がよければもう少し見られるとは思いますが・・・
暫くは遠征に行く暇がないため、今シーズン最後としました。






# by konty33 | 2017-09-13 08:17 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(6)
2017年 09月 10日
やっと見つけたクジャクチョウ
9月3日
日帰りで信州まで行ってきましたが、滞在時間は2時間だけ・・・
昨年から激減して見かけなかったクジャクチョウをやっと撮影できました。
e0224357_20330121.jpg
夢中でアザミに吸蜜していますが、なかなか開翅せず・・・・
陽が翅表前面に当たるまで随分粘りました。
e0224357_20342709.jpg
翅の裏は真黒で・・・表とは全く違うのがよく分かります。
e0224357_21200438.jpg
たった1頭でしたが、アザミの周囲から離れない様子でした。
e0224357_21230067.jpg
他にもいろいろいましたが・・・
高原なのでシータテハかと思ったら・・・キタテハでした。
e0224357_21284118.jpg
メスグロヒョウモン♀は沢山いました。
e0224357_21295864.jpg
いろいろな花に吸蜜していました。
e0224357_21302754.jpg
e0224357_21310487.jpg
この時期でもジャノメチョウの交尾がいました。
よく見ると・・・交尾しながら♂♀ともに吸蜜していました。
e0224357_21362368.jpg


いつの間にか9月になってしまいました。
例年の半分くらいしかフィールドに出ていない気がしますが・・・
今シーズンも残り僅かなので時間を見つけてフィールドに出たいと思います。




-


# by konty33 | 2017-09-10 22:12 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 06日
夏の終わりの高原
8月26日
高原では晩夏を感じさせる光景が広がります。
ついこの前まで目立たなかったワレモコウはそこら中に花を咲かせていました。
e0224357_22061308.jpg
ヒョウモン類はまだ沢山見られるものの・・・翅の傷みが進んでいました。
ウラギンヒョウモンミドリヒョウモンの2ショットです。
e0224357_22080112.jpg
撮影している間にもウラギンヒョウモンがメスグロヒョウモンに入れ替わり・・・
e0224357_22111267.jpg
ギンボシヒョウモン♀は比較的綺麗な個体も・・・・
e0224357_22145724.jpg
ボロのミドリヒョウモンはそこら中にいっぱいで・・・綺麗な個体を選びました。
e0224357_22172320.jpg
ここではこの時期、新鮮なキアゲハも多く見られます。
e0224357_22191323.jpg
e0224357_22204935.jpg
今年ジャノメチョウは少なめですが、まだ♀は綺麗でした。
e0224357_22462626.jpg
イチモンジチョウは人懐っこく纏わりついてきました。
e0224357_22492019.jpg
e0224357_22502541.jpg
ここでは初めてのアカセセリもいまいた。
e0224357_22531525.jpg



8月最後のフィールドは夏の終わりを感じさせる高原を楽しみました。
一日しかありませんでしたが、まずまずの天気に恵まれ良かったです。
9月ともなると今シーズンも終了が近づいて来た気がしますね。






-


# by konty33 | 2017-09-06 22:58 | タテハ類 | Trackback | Comments(2)