2017年 12月 03日
時期遅れのサツマシジミなど
11月26日 続き
今年はサツマシジミを撮影するチャンスがありませんでしたが・・・・
今頃になって地元で時期遅れの個体と出会えました。

シャッターチャンスは♂♀ともに1回だけでしたが、証拠写真が撮れました。
一緒にいた蝶友が見つけてくれ・・・ビワの周りに執着していた♀です。
e0224357_22333067.jpg
暫く周囲をゆっくりと飛んでおり・・・・産卵シーンでも確認できたら良かったのですが、
突然高く飛びあがり見失いました。

暫く近くを散策していると♂が飛んできて・・・・下草に静止しました。
e0224357_22354720.jpg
1カットだけ撮影したところで一気に飛び見失いました。
♂♀が確認できたので、この辺りでも毎年見られる様になるかもしれません。


暖かな日になったので、他にもいろいろなチョウが飛びました。
ウラナミシジミはまだ綺麗な個体も見られました。
一瞬、サツマシジミと紛らわしい・・・・です。
e0224357_22395173.jpg
ウラギンシジミも一瞬サツマかと・・・・つい思ってしまいます。
e0224357_22420929.jpg
ヤマトスジグロシロチョウは流石に大き過ぎですが・・・
e0224357_22432990.jpg

他にもヤマトシジミ、ベニシジミ、キチョウなど・・・・まだ健在でした。
師走も近づき寒くなりましたが、ムラサキシジミやムラサキツバメ以外も頑張っていますね。


それにしてもサツマシジミとは・・・・偶然の出会いでした。
来シーズンは見落とさない様に視野を広げて観察しないとダメだと思いました。




-


# by konty33 | 2017-12-03 21:41 | シジミ類 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 28日
ムラサキシジミの吸蜜と開翅
11月26日 続き
同じ地元の公園ですが、今年はムラサキシジミも多く感じました。
中でもイソギクの花には沢山集まっていました。
e0224357_21590039.jpg
e0224357_21595954.jpg
他にも公園内の色々な花で見られました。
e0224357_22005767.jpg
ハマヒサカキの小さな花もお気に入り・・・吸蜜に夢中です。
e0224357_22015029.jpg
e0224357_22021952.jpg
真っ赤なランタナでも・・・
e0224357_22030071.jpg
開翅すると色のコントラストが魅力的です。
e0224357_22033177.jpg
周囲の灌木でも良く開翅していました。
e0224357_22035665.jpg
e0224357_22041546.jpg
e0224357_22051356.jpg

ムラサキシジミも意外と多いのですが、いつも低い位置に降りてくるとは限りません。
今回は風がなく「小春日和」だったためか沢山の個体が開翅してくれました。
吸蜜シーンもいろいろ撮影できたので良かったです。





-


# by konty33 | 2017-11-28 21:24 | シジミ類 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 26日
小春日和
11月26日 
朝は少し寒かったのでダウンジャケットを着て行きましたが、
風もなく暖かな日差しの中で・・・暫くすると汗ばむほど暖かでした。

地元の公園でムラサキツバメの越冬集団を探してみました。
例年はマテバシイで見つかるのですが、今回は珍しくツバキで見つけることが出来ました。
e0224357_21242191.jpg
小さな葉の上に10頭がひしめき合ていました。
この公園ではこれくらいの集団がが最大です。
すぐ隣にも7頭の集団が見つかりました。
e0224357_21270672.jpg
風がないので日当りの良い場所では、吸蜜や開翅が見られました。
e0224357_21292334.jpg
e0224357_21301869.jpg
綺麗な♀が陽だまりで開翅していました。
e0224357_21304621.jpg
あまり撮影機会はありませんでしたが、他の個体も・・・
e0224357_21314431.jpg
ムラツの♂も開翅していましたが、綺麗な個体はあまりいません。
e0224357_21334160.jpg
翅表が深い蒼に輝く個体はほんの一握りです。
e0224357_21345025.jpg
日中はいろいろな花で吸蜜が見られました。
ツバキは例年もよく見ますが、ビワの花や・・・
e0224357_21385633.jpg
センダングサでも吸蜜していました。
e0224357_21411859.jpg
e0224357_21415312.jpg
ウラナミシジミとの2ショットも・・・
e0224357_21402695.jpg
帰り際にマテバシイの集団も撮影しておきました。
e0224357_21351263.jpg


西風が強くなる時期ですが、風もなく「小春日和」でした。
地元では大集団は見つけたことはありませんから、今回はまずまずの成果です。






-


# by konty33 | 2017-11-26 21:50 | シジミ類 | Trackback | Comments(2)
2017年 11月 06日
晩秋のヤクルリ
11月5日
10月は海外出張、地元の秋祭り、2週続けての台風直撃・・・と
フィールドに出るチャンスは一度もありませんでした。
この日は、久しぶりに晴れた週末なので近場を周ってみました。

まず、訪れた公園では園芸用のバラに1頭のヤクシマルリシジミが纏わりついていました。
近づいて見てみると・・・かなり傷んだ♀でしたが産卵していました。
e0224357_21570754.jpg
新芽だけでなく・・・バラの蕾にも産卵していました。
産卵中の蕾には既に産み付けられた卵も確認できます。
e0224357_21581583.jpg
赤い若葉に産まれた卵を100mmマクロで・・・・
e0224357_22002537.jpg
公園内のマリーゴールドにはツマグロヒョウモンが吸蜜していました。
e0224357_21594420.jpg



少し移動して海岸近くのヤクルリも確認してみました。
最初は全く見当たりませんでしたが・・・暫く粘って探していると♂がセンダングサに来ました。
e0224357_22024244.jpg
かなり草臥れていますが・・・飛ぶとルリ色が綺麗です。
e0224357_22043238.jpg
e0224357_22072281.jpg
更に粘っていると・・・♀は綺麗な個体も見つかり産卵していました。
e0224357_22053697.jpg
産卵しては開翅して休憩していました。
e0224357_22061667.jpg
センダングサで吸蜜も・・・・
e0224357_22065315.jpg
e0224357_22090358.jpg
この後、急に木の上に飛び去ってしまいました。
昨年よりはかなり少ない印象ですが・・・今年も健在が確認できました。


遅い朝の出発に加え、午後もあっと言う間に陽が傾くので・・・・
イマイチの成果でしたが、久しぶりのフィールドをゆっくり楽しみました。
もう暫く成虫を探してみたいと思います。




-



# by konty33 | 2017-11-06 22:23 | シジミ類 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 28日
地元で秋のチョウを探索
9月24日 続き
そろそろツマグロキチョウの秋型が発生していると思い探してみました。
まず見つけたのは湿った地面で吸水している個体でした。
e0224357_22150296.jpg
次のポイントでは・・・
活動している個体数は極めて少ない様子でしたが・・・・
ヤハズソウで吸蜜するツマグロキチョウを捉えることが出来ました。
e0224357_22101364.jpg
しかし、曇りがちな空模様の為か・・・・・
すぐに休止モードにななってしまいました。
e0224357_22135849.jpg
他には特に目ぼしいチョウも見られませんでしたが・・・・
ツマグロヒョウモンはよく見かけました。
e0224357_22244689.jpg
定点観察場所とも言えるいつもの場所でミヤマシジミの様子を確認しました。
成虫も少ないながら見られましたが・・・・
e0224357_22025581.jpg
コマツナギの根元から・・・・
初めて蛹を見つけることが出来ました。
アリが周りをウロウロと監視していました。
e0224357_22023894.jpg
幼虫は簡単に見つかる様になりました。
e0224357_22050065.jpg
幼虫を見つけるには、アリの動きの観察が早道の様です。
e0224357_22072738.jpg
アリが襲っているように見えますね・・・
e0224357_22091190.jpg
近くではメドハギにキチョウが産卵していました。
e0224357_21305017.jpg
ヤナギの木には擦れたコムラサキが群がるシーンも・・・
e0224357_21263566.jpg
イチモンジセセリは多くなりキマダラセセリも見られました。
e0224357_21284872.jpg
いろいろなチョウを撮影して自宅に戻ると・・・・・
陽も傾き薄暗くなりかけているのに・・・
庭のノウゼンカズラにモンキアゲハが吸蜜していました。
e0224357_21313243.jpg
最後にこの日撮影したチョウをコラージュにしてみました。
既に傷んだ個体が多いですが、いろいろなチョウに出会えました。
e0224357_22013763.jpg
イチモンジセセリ、ヒカゲチョウ、ナガサキアゲハ
ヒメアカタテハ、ヒメジャノメ、カラスアゲハ
チャバネセセリ、ベニシジミ、モンキチョウ


秋の一日をのんびりと楽しむことが出来ました。
日ごろは、出来るだけ綺麗なチョウの写真を撮りたいと思っていますが、
今回は擦れた普通種も記録として掲載してみました。




-




# by konty33 | 2017-09-28 22:15 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(2)