2017年 03月 22日
新生蝶 第2弾
3月19日
前日よりも気温が上がる予報だったので、この日も近場に新生蝶を探しに出かけました。
まずは前日見られなかったコツバメ狙いですが、やっと1頭みられました。
e0224357_21053956.jpg
枯草の荒れ地で見られる午前のテリ張に間に合いました。
e0224357_21060044.jpg
アセビでの吸蜜シーンは1チャンスだけで証拠写真です。
e0224357_21073592.jpg
午後になると姿が見られなくなってしまいました。
ベニシジミは数が増えた様子です。
e0224357_21103679.jpg
飛翔撮影の練習も・・・・・
e0224357_21111973.jpg
モンシロチョウも時々飛んでいましたが、撮影するチャンスが来ません。
帰りに立ち寄った菜の花畑でやっと撮影できました。
e0224357_21133835.jpg
他に見かけたのは、アカタテハ、キタテハ、テングチョウ、キチョウ、ルリタテハなどの越冬蝶だけです。
吸水中のルリタテハを掲載しておきます。
e0224357_21150271.jpg



この日はロスタイムが多くてロクに撮影できませんでしたが、何とか狙いのコツバメを撮影できました。
来週に掛けてドンドン数が増すことを期待しています。
次回はコツバメの飛翔にもチャレンジしたいと思います。








# by konty33 | 2017-03-22 22:51 | 春のチョウ | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 18日
やっと見られた新生蝶
3月18日
自宅のソメイヨシノの蕾は膨らみませんが、モクレンは満開近くなりました。
側溝でヒキガエルが3匹・・・・ゲロゲロと鳴いていました。

風もなく暖かな日になりそうなので、今日こそはと新生蝶を探してみました。
まず、ベニシジミの幼虫を沢山見つけた場所に行ってみましたが全く飛びません。
2カ所目でやっと数頭のベニシジミを見つける事が出来ました。
e0224357_21422854.jpg
真っ赤なスイバの葉の上に止りました。
e0224357_21431204.jpg
どれもとても新鮮です。
e0224357_21441060.jpg
飛翔にもチャレンジしました。
e0224357_21451423.jpg
2頭写ると嬉しくなります。
e0224357_21454348.jpg
地元ならではのお茶畑を背景に飛び回ります。
e0224357_21463114.jpg
コツバメを狙って移動しましたが、ここでもベニシジミだけ・・・・
e0224357_21443824.jpg
e0224357_21445349.jpg
新生蝶ではありませんが、越冬明けのタテハがいました。
ルリタテハはコツバメを狙ったアセビの花で吸蜜中でした。
e0224357_21494632.jpg
キタテハもいました。
e0224357_21502163.jpg
テングチョウは沢山いました。
e0224357_21511621.jpg
コツバメはまだ見られなかったので、ミヤマセセリのポイントに移動しました。
こちらは時々周回してきますが、飛び回ってばかり・・・・・
暫く待って、やっと止まってくれました。

e0224357_21532892.jpg

短時間でしたが、スミレで吸蜜してくれました。
こんな目立たないスミレをよく見つけるものだと感心します。
e0224357_22053261.jpg


これから・・・と言う時に陽が陰り始めてしまいました。

e0224357_22034354.jpg





やっと2種の新生蝶を撮影できましたが・・・・モンシロチョウは撮影させてもらえませんでした。
まだ個体数は少ないですが、春の蝶たちの羽化ラッシュが始まりそうな予感です。
そろそろ気の早いギフチョウが飛びそうです。



-



# by konty33 | 2017-03-18 22:22 | 春のチョウ | Trackback | Comments(6)
2017年 03月 12日
蝶が飛ばない春
3月11日 
暖かい日なら遠征するつもりでしたが、前夜が遅かったのに加え・・・・
朝起きるとどんより曇り空・・・・その内にみぞれまで降ってくる始末です。
これでは空振りに終わると・・・・遠征を諦めて自宅近くの公園に行くことにしました。
 
ところが日差しが足りないのか・・・気温が低いのか何一つ飛びません。
成虫は諦めて・・・草地でセセリの幼虫を探してみました。
e0224357_21133777.jpg
こんな感じに糸で括った中に幼虫が隠れています。
ちょっと失礼して中を見てみると・・・・まだ小さな幼虫がいました。
e0224357_21145551.jpg
これは2,3本の草がまとめて括られています。
e0224357_21155137.jpg
中には少し大きめの幼虫がいました。
e0224357_21165220.jpg
その後も沢山見つかりました。
e0224357_21172732.jpg
こんな時期でも少しずつ食事をするようで、新鮮な食痕を目当てに探します。
e0224357_21191773.jpg
恐らく全部イチモンジセセリの幼虫だと思います。
e0224357_21193499.jpg
ベニシジミの成虫が飛ぶはずの場所を訪れましたが・・・・
空気が冷たく日差しも続かないので全く成虫は飛びませんでした。
仕方なく幼虫を探してみますが、前回の様にすぐには見つかりません。
恐らく蛹か羽化してしまったのでしょう。
やっと2,3見つけた幼虫を撮影しておきました。
e0224357_21231729.jpg
葉っぱの上で食事中の幼虫もいました。
e0224357_21241656.jpg

今年はタイミングが合わず未だに新生蝶に出会えません。
繁忙続きでとにかくフィールドに出られる日が限られるので仕方ありませんね。
撮影に使用したカメラは今回初トライのLUMIX GX7mkⅡ+45mmマクロでしたが、
細い草にピントが合わず苦労したので、成虫には不向きと感じました。

目薬とマスク着用で、花粉症は何とか酷くならずに済みました。ホッ!






-









# by konty33 | 2017-03-12 21:41 | 幼虫 | Trackback | Comments(2)
2017年 02月 28日
キリシマ探索・・・今年も花粉症の季節ですね
2月26日
少しずつ春が近づいて・・・・木の芽も心なしか膨らみかけたものも・・・・
予報によると今年も杉の花粉が本格的に飛び始めたようです。

今回はキリシマミドリシジミの越冬卵を探して自分なりに生息範囲の確認をしてみました。
まずは、以前よく見られた場所を確認しましたが、ほんの少しだけでした。
e0224357_21351864.jpg
日当りの悪そうな若木を狙いますが、とにかく今年は冬芽が少ないです。
e0224357_21363492.jpg
場所を移動して広範囲に探しました。

キリシマが産卵しそうな林や谷間沿い・・・など斜面を下りたり登ったり
あちらこちらを確認していきますが、時々卵が見つかる程度の少なさです。
それでも一つの芽に2卵産まれている場合も時々ありました。
e0224357_21371225.jpg
アカガシの幼木の冬芽は鹿に食べられていることも多く・・・
笹の密度が高くなったりして、環境が悪化していることは明白です。
e0224357_21384813.jpg
時にはこんなアカガシの大木が自生する谷の底や・・・・
e0224357_21522045.jpg
針葉樹の植林地や雑木林の林縁付近・・・・


それでも良い環境で冬芽のあるアカガシが見つかると・・・
ひとつの芽に3卵も産んであることもあります。
e0224357_21393284.jpg
TG-3で拡大してみました。
e0224357_21415674.jpg
今回は4卵塊まで見つけることが出来ました。
e0224357_21405808.jpg
今度はLUMIX GX-7のスタッキングシステムで拡大してみました。
深度合成が不自然ですが、ディテールまでよくわかると思います。
e0224357_21435036.jpg




朝から夕方まで歩き回ったので疲れましたが、・・・・
標高も距離もそれなりに広範囲で生息が確認できました。

帰宅後・・・・・くしゃみに加え目がショボショボしてたまりませんでした。(笑)




-




# by konty33 | 2017-02-28 21:59 | | Trackback | Comments(2)
2017年 02月 19日
いつもの越冬卵探しも成果半減?
早咲きの梅は既に終わりかけですが、庭の梅は真っ盛りです。(2/19撮影)
e0224357_20550213.jpg
2月18日
春も間近だと思うのですが、久しぶりに山に行ってみるとやはりまだ冬でした。
なんとか辿り着いた場所でクルミの木からオナガシジミの越冬卵を探しました。
e0224357_19384364.jpg
枝はには氷の結晶もついていますが、気温はそれほどでもなく-3℃でした。
2卵、3卵とついていることもあります。
e0224357_19410539.jpg
e0224357_19411990.jpg
アップで見るとオナガシジミ独特の突起が確認できます。
e0224357_19453790.jpg
続いてクロツバラの枝の分岐に産み付けられたミヤマカラスシジミの卵塊を見つけました。
e0224357_19463768.jpg
ここではこのような卵塊がよく見られます。
逆光気味ですし枝が邪魔して近づけないので証拠写真です。
e0224357_19505858.jpg
トネリコからは綺麗なウラキンシジミの卵塊も見つかりました。
目線の高さなので直ぐに見つかりましたが、ピントが甘くてイマイチです
e0224357_19522343.jpg
ここでは初めてですが、林内にイボタがあったので見てみるとウラゴマダラシジミの卵塊も・・・
地面には雪が結構残っていました。
e0224357_19554649.jpg
ここまでは1時間足らずでしたが、ハルニレでカラスシジミを探したのが間違えで・・・・・
何も成果がないまま昼になってしまいました。
それでも思わぬところで見つけたユキヤナギにはホシミスジの越冬幼虫が沢山見つかりました。
e0224357_20010542.jpg
葉っぱが落ちない様に枝と葉柄がしっかりと糸で括られています。
この丸まった枯葉の中には5mmにも満たない黒い幼虫がいます。


この後、別の山に向かおうとしましたが・・・・・
道路は融けた雪が凍ってスタットレスでもコントロールが効かず、緩やかな斜面も登れません。
諦めて雪のない場所へ移動し色々とチャレンジしましたが全く成果はありません。

帰りに立ち寄った場所ではカシワからハヤシミドリシジミを見つけることが出来ました。
e0224357_20072862.jpg
夕方暗くなるまで頑張りましたが時間切れで他の種は見つけられませんでした。
オリンパスTG-3でも内臓のLEDを使用しここまで綺麗に撮れます。
e0224357_20111787.jpg
GX-7では精孔の中の模様まで綺麗に写せます。
ただ、深度合成では卵の周りが不自然になるのがイマイチです。
e0224357_20155793.jpg



日帰りでしたが・・・雪の中では足が冷たく、風が無くても陽がささないと結構辛く感じました。
足元の防寒対策を考え直した方がよさそうです。

今回はカラスシジミなどの卵が見つからないのが心残りです。
雪が解けてもう少し春らしくなったら、今年未だ見ぬ種の卵を探してみたいと思います。




-


# by konty33 | 2017-02-19 20:59 | | Trackback | Comments(0)